スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アケビが口を開きました! クサギ、タラノキの実がきれい! リンドウ、センブリを見つけました!

  秋の清々しい天気が続いていて気持ちがいいですね。庭の棚に這わせたアケビ(ゴヨウアケビ)に見事な実が生りました。ようやく口を開き始めたのです。今年は、実も大きくなり、ピンクの色もとても美しくなりました。豊田にお住まいの連れ合いの友達が来られましたので、一部を差し上げたら、とても喜んでくれました。

口を開けたアケビ

  一昨日は、林道愛郷線を歩きました。沿道にあるクサギが、青い実を実らせていました。外側の赤い部分とブルーの実がとても美しいのです。

青い実のクサギが

  一番奥の広場で、変わった落葉低木を見ました。細長い小葉の羽状複葉の葉を持っています。この地域では珍しい、ハゼノキでした。ウルシ科の植物です。葉の形が美しいですね。

ハゼノキではないか

  道端に赤っぽく生えていたのは、イヌコウジュでした。今、至るところに生えている雑草です。

イヌコウジュがいっぱい

  ヤクシソウも、今がさかりです。黄色い花が群生するときれいです。前にもお話したように、つぼみや花が咲いているあいだは上を向いているのですが、花が終わるとしたをみきます。下の写真でそれが分かるでしょうか。

ヤクシソウが群生し

  歩いていて目に付いたのは、タラノキです。夏に真っ白の花を付けるのですが、この季節は実がなります。花序がピンク色で、実がブルーです。その色合いがとてもきれいなのです。

タラノキにいっぱいの実が

  ムラサキシキブも、美しい色合いの実をつけていました。低木で他の植物のあいだにひっそりと生えているのですが、それを見ると心和みますね。

ムラサキシキブに紫の実が

  昨日は、獅子が森から山道をたどって巴山の駐車場まで、2時間もかけて歩いてきました。前にも行ったのですが、途中に台風でたくさんのヒノキが倒れたところがあって、知らないの道なのでそこまでにしました。こんかいは、それをずっと超えて山道を歩き、巴山の駐車場まで歩いてのです。大部分は人工林の中ですが、ところどころに雑木林が残っています。同じ樹木ばかりの人工林は単調で面白さはないのですが、雑木林に来るとホッとしますね。
  終点近くの雑木林で、わずか一輪ですが、リンドウが咲いていました。清楚な美しさに感激しました。


可憐なリンドウ

  そしてその近くに、センブリを見つけたのです。岡崎のお蕎麦屋さんのSさんから、「胃が悪い人がいてセンブリが欲しい人がいるんだけど、ないかなあ」というので、山歩きの最中に探していたのですが、なかなか見つけられなかったセンブリだったのです。花はアケボノソウによく似ていて、下の写真のようにとてもきれいなのです。

センブリを見つけた1

センブリを見つけた2

  葉でも花でも茎でも、ちぎって口に入れると、ものすごく苦いのです。口が曲がりそうなにがさです。それが胃に良いのでしょう。昔から胃薬として用いられてきました。ボクは、採ってきたセンブリを天日でからからに乾燥させ、それを焼酎につけてわずかずつ飲んでいます。苦味が焼酎に溶け出して、飲むと苦いのです。今、乾燥させているところです。Sさんに差し上げるものが出来て、とても嬉しいです。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。