スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守義の林道入口で、サラシナショウマが! クサノオウ、ガンクビソウ、ウワバミソウを見つけた!

  棚山高原に行った帰りには、作手の一番北の方の守義地区を通ります。通りかかった時に白い花が見えたので、車を止めて観察しました。白い花はサラシナショウマだったのです。3年ほど前にここで発見して感激したことを思い出します。この花は高山か奥山にしか見られない貴重が植物だと思っていたのです。こんなに身近なところに咲いているなんて、驚きでしたし、今も驚いています。

サラシナショウマの白い花1

サラシナショウマの白い花2

  花が美しいので花ばかりに注目しますが、同時に葉の形も覚えておいたほうが良いのです。花が咲いていなくても葉で存在がわかるからですね。下の写真のような形の葉なのです。その葉の形が変わっていますね。三裂するのではなく、二裂しており、表現は難しいですが、右側の葉は根元がひとつなのです。今回初めて知った事実です。こんな葉の形があること自体、知りませんでしたし、驚きです。

サラシナショウマの葉

  その近くに、フシグロセンノウの花が一輪だけ残っていました。前に紹介したときは10数個の花が咲いていましたが、花期が長いのでしょうか、まだ咲いていました。いつみても、美しい花ですね。

朱色のフシグロセンノウ

  下の写真は、クサノオウの花です。これにも驚きました。やはり花期が長いのですね。夏の間から咲き続けているのです。葉の形も独特で、忘れられませんね。

クサノオウがまだ

  下は、ガンクビソウです。花も葉もきちんと写っていると、判定がしやすくなります。葉は対生で卵型の葉、先は尖り根元はくさび型、葉脈は淵に沿って側脈が丸くなっています。特徴がありますね。

ガンクビソウが生えて

  下は、ウワバミソウだろうと思います。なかなか同定は難しいですが、葉の形と花が茎の周りにつくつき方から判断しました。確かだとすれば、ボクが初めて同定できた種です。

ウワバミソウだろう

  ツルニンジンが垂れ下がっていました。独特の釣鐘型の花が可愛いですね。これも花期が長いようです。作手の各地に見られます。

ツルニンジンがきれい

  下は、ヘクソカズラの実を写しました。夏中、小さな赤い花をつけていましたが、秋が深まると黄色っぽい実をつけるのですね。

ヘクソカズラに実が





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。