スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モズを撮れた! キノコがきれいです! ススキの原っぱがきれい!

 モズが撮れた

  作手の中心地の近くに中電の無線中継所が山の上にあります。そこは、獅子が森と言われています。標高は729m。適度なアップダウンのある山道なのでこれまでに何度か登っているのですが、久しぶりにまた登りました。林道シシガモリ線の峠付近から、大府市野外教育センターのハイキングコースがあり、それを10分ほど山に上ると獅子が森の頂上に着きます。そこには、中電のいくつかの施設があります。
  そこで見たのがモズです(上の写真)。8月末くらいからしばしば鳴き声を聞くのですが、姿を見たのは初めてです。小鳥は動きが早いので、なかなか撮影が難しいのです。今回は、かろうじてカメラに収まりました。

  そこから200mくらい下ったところから、巴湖の方に降りてゆく道があります。降りてゆくと言っても、どんどん高度を下げるのではなく、山を巻くように等高線に沿って道が走っていますので、アップダウンはあまりありません。人工林の中を快適に歩けます。その小道をずっと歩いていくと、何箇所かにヒノキの木が倒れていて小道を遮っていました。9月の台風の強風で倒されたものでしょう。いわゆる風倒木です。その一番奥の風倒木のあったところが下の写真です。数えたわけではありませんが、数10本はあるでしょう。局地的な強風で倒れたものと推察されます。すごいことですね。小道が塞がれてしまいましたので、そこで引き返してきました。

風倒木が道を  

  帰り道で枯れて倒れた木に、たくさんのキノコが張り付いていました。下の写真の白いキノコです。キノコ図鑑で調べたところ、おそらくスギヒラタケだと思います。名前のように杉の枯れ木につくと言います。とてもきれいで、食べたくなるようなキノコですね。でも、猛毒のキノコだそうです。

スギヒラタケだろう

  下の写真のキノコは、別の場所で見つけたものです。同じように、枯れ木にびっしりとついている白いキノコです。上のキノコとは、明らかに形が違います。結局、名前は分かりません。キノコ類は同定が難しいのです。このところ、すぐにわかるものは紹介していますが、写真を写しても分からないものは、諦めて紹介していません。と書いたのですが、ネットで調べたところ、ウスヒラタケと分かりました。美味しいそうですが、またすぐそこにゆく訳にはいきませんので、採取は諦めました。記憶に止めておきましょう。

ウスヒラタケだろうか

  キノコといえば、三河湖の南岸を散歩した時に下のキノコを見ました。しかも、大量に地面に広がっていました。昔、Hさんに教えてもらって食べた記憶があります。アミタケです。傘の裏側が網のようになっています。でも怖いので、Hさんのところに持って行って鑑定していただいたところ、やはりアミタケでした。味噌汁に入れて熱すると赤紫色になり、ツルンとした食感がとても良いのです。Hさんに半分進呈して、美味しくいただきました。。

アミタケがいっぱい


  一昨日は、巴山コースを散歩しました。その時、きれいなアカタテハを見ました(下の写真)。何という羽の模様の美しさでしょうか。

アカタテハがきれい

  下の写真のように、ツマグロヒョウモンのオスにも出会いました。きれいです!

ツマグロヒョウモンのオスがきれい

  下は、エノキを写したものです。エノキの葉が一部分黄葉していたのです。黄葉すると、葉脈が浮き出てくるようで面白いですね

エノキの黄葉?

  巴山コースは高原の尾根道で、沿道にススキの原が広がっています。それが美しいのです。すすきの穂が出始めたことは赤っぽかったのですが、今は真っ白です。下の写真をよく見ると、道の左側2mくらいは背丈の低い植物に覆われています。それは前に紹介したチカラシバです。おそらく毎年1回くらい草が刈られるために、そこにチカラシバが生え、刈られない部分にはススキが生えているのでしょう。その境が明瞭なのは面白いです。

ススキの原っぱ

  下は、林道裏山線で見たマムシです。見るのもイヤ!という蛇嫌いな方には申し訳ありませんが、マムシは猛毒ですので、知っておくことが必要であると思い、写真を出しました。長さは50cmくらいで、こんな模様をしているのですね。めったの出会うことはありません。地元の方は、マムシを見たらすぐに殺せと言います。繁殖すると怖いからです。でも棒きれでもないと、叩いて殺すことはできません。昔、殺したことがあるのですが、1m位の範囲は飛びかかってきますので要注意です。

小さなマムシが




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。