スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の雑草たちもきれいです! アキチョウジ、ワレモコウ、セイタカアワダチソウ、ミゾソバ!

   一昨日は農協の周辺を歩いて向山湿原まで行きました。
  下は、暗い場所だったのでピントがいまいちでしたが、アキチョウジだと思います。きれいな花ですね。


アキチョウジがきれい

  下は、アキノキリンソウです。今、黄色い花が各地に咲いていてきれいです。

アキノキリンソウが美しい

  秋の里の代名詞のようなセイタカアワダチソウの大群落がありました。耕作放棄地など荒地にはこの黄色い花がはびこっているのですが、これは代表的な外来種ですね。繁殖力が強いので、在来の植物を圧倒してしまいます。渡来してからもう数十年経ちますので、なんとか環境と調和しつつあると聞いていますが、下の写真のような光景に出会うと、何とかしなければという思いにさせられますね。でも、花はきれいなのですね。

セイタカアワダチソウがいっぱい

セイタカアワダチソウの黄色

  田んぼのあぜにワレモコウが咲いていました。作手でボクが確認した三箇所目です。それほど各地に見られるというわけではないのです。

ワレモコウがたくさん

  今、各地に群生している雑草が、下の写真のミゾソバです。これは特に成長が良いのか、花が大きくて、そのピンク色がとても色鮮やかです。

コンペイトウがきれい

  下の写真のイヌタデ(別名アカマンマ)も、今、色鮮やかに野山を赤く色づかせています。群生しているときれいです。

イヌタデが群生

  下は、タカサゴソウです。これも秋の野山に淡い黄色の花をたくさんつける草本ですね。ものすごくたくさんの花をつけるのです、淡い黄色の花がきれいです。
   上に述べた植物は皆、秋に咲く花で、みな雑草です。雑草といえども花そのものはとても美しいのです。

タkサアゴソウがいっぱい

  下は、ムラサキシキブです。もう実が赤紫色に色づいていました。「もう」と書きましたが、大部分は色づいていません。どうしてここの木はこんなに早く色づくのでしょうか。分からないことばかりです。

ムラサキシキブに紫の実が

  作手では街路樹にサルスベリの木を植えていることが多いです。木肌が美しく、ピンクや白の花がとてもきれいだからでしょうね。それに実がつきました。まだ緑色ですが、熟すと白になります。

サルスベリの実が





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。