スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アケボノソウ、白いヒガンバナ、キンモクセイがきれい! マンサクが今咲いたのは異常!

    久しぶりに、塞の神・文珠山コースの山歩きをしました。
  下は、これも久しぶりに見るアケボノソウが車を止めるところに咲いていました。今、各地に咲き始めています。とても清楚で美しい花です。


アケボノソウが咲いた

  今はもう、ヒガンバナガ終わりかけています。各地でしおれた姿は哀れですね。文珠山の頂上で、白いヒガンバナを見ました。あまり見ませんが、白も良いものですね。

白いヒガンバナが

  帰り道、林道脇の崖に一面にコケが覆っていたのですが、それに白い穂が出ていたのです。コケは難しくて種類などは全くわかりません。白いのは花穂なのでしょうか。

コケに白い穂が

  最近、林道愛郷線を歩いた時、下の写真のオオオナモミを見ました。ネットで調べてみたら、日本古来のオナモミは最近どんどん減少しているそうで、その原因がこのオオオナモミということです。というのは、オオオナモミは北アメリカ原産の帰化植物で、1929年に岡山県で初めて見つかり、現在では全国に広がっているそうです。これに圧倒されて在来種が減少しているとのことです。これは牛の牧草に交じると、牛の食欲減退など悪い影響が出るので、酪農業では駆除の対象とされています。知りませんでした。

オオオナモミは毒

  イヌコウジュが咲き始めました(下)。各地にどこでも生える雑草ですが、花はきれいなのですよ。シソ科の草本ですね。

イヌコウジュいっぱい

   下は、ヤブタバコを写しました。久しぶりに出会った草本です。藪によく生える草で、根生葉や下部の葉ほど大きくてシワがあり、タバコの葉に似ていることから付けられた名だそうです。

ヤブタバコに花が

  下の植物は、驚くほど葉が大きく、30cmくらいになるほどです。こんな大きな葉がつく植物は、キリ(桐)の木しかないのではと思って調べたら、本当にそうでした。キリの幼木だったのです。

キリの幼木が

  さて、庭のキンモクセイが咲きました。今、庭に甘い香りが漂っています。こういう芳香のある花は匂いを嗅いだだけで気持ちが和らぎますね。でも、今年の花のつき方は、例年よりも少ないように思います。

キンモクセイが咲いた

キンモクセイの黄色い花

  今年は異常なのでしょうか? 庭のマンサクに花が咲いたのです。マンサクは真冬の2月に咲くのですが、今黄色い花をつけ始めたのです。どんな原因があるのでしょうか、知りたいですが、まったく分かりません。

狂ったマンサク

  前にナタマメを植えた話をしましたが、今は下の写真のように巨大に成長しました。長さが20数cmに達します。食べてみたのですが、固くて食べれませんでしたので、煮物にしてくたくたに煮たらなんとか食べられましたが、あまり美味しいものではありませんでした。もっと小さい頃に取って食べないといけませんね。でも、種をとって食べるいろいろの方法があるようです。それはその時にお話しましよう。。

大きくなったナタマメ






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。