スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守義の林道で、ヤマノイモにムカゴが!イヌコウジュがきれい!ボントクタデは初めて見ます!

  大型の台風がやってきてすごい雨と風でした。皆さんのお宅に被害は出ませんでしたか。幸い、我が家では畑の作物の支柱が倒れた程度で済みました。直すのがやっかいですが、・・・・。

   さて、数日前、守義の林道を散歩しました。いろいろと新しい発見がありました。
  下は、カタバミですね。どこにでも見られるありふれた雑草ですが、小さい黄色い花が閉じています。最近知ったのですが、カタバミは日の光を浴びているときは花を開き、日が陰ると閉じる性質がるのだそうです。下の写真は、まだ早朝でしたので花がとじている状態なのですね。


閉じたカタバミの花

  ヤマノイモムカゴが付いていました。むかごとは何か、ネットで調べたらこんなことが書いてありました。「ムカゴとは、山芋の葉の付け根にできる小指の頭ほどの球芽です。小さな粒の一つ一つに山芋の香りとコクが凝縮されています。 噛んで外側の皮をプスッと破ると中のトロッとして、かつ上品な中身が出てきます。くどくはないがコクはあるのです。ムカゴご飯は秋の味覚」ということです。我が家でも、野山でムカゴを採ってきてご飯に入れて食べます。美味しいのです。

オニドコロのムカゴが

  道端に、アキノキリンソウがひっそりと咲いていました。

黄色のアキノキリンソウ

  下は、イヌコウジュだろうと思います。始めはヤマハッカだと思ったのですが、葉の鋸歯が違いますし、葉柄に翼がないので、イヌコウジュと判断しました。アップすると、花が美しいですね。

ヤマハッカが咲いていた

ヤマハッカが咲いていた1

  下は、ツル植物のヤブマメです。小さな花ですが、花弁の先端が紫色できれいです。

ヤブマメの花が咲いて

  下は、通称コンペイトウと言っているミゾソバです。花が、昔よく食べたお菓子の金平糖にそっくりですね。よく似ている近縁種は、ママコノシリヌグイですね。違いは、茎にトゲがないのがミゾソバです。

金平糖が咲いていた

  下の写真の植物は、ボントクタデだろうと思います。道に群生していました。ボクは初めて見る草本です。アップしてみると下の写真のようになり、葉の形が優雅で、花も独特ですね。

ボントクタデが咲いていた1

ボントクタデが咲いていた2

  お目当てのサラシナショウマは、下のように咲いたばかりで、まだ大きな花にはなっていませんでした。もうすこし時が経ってから来てみようと思います。。

サラシナショウマが咲いて







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。