スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒガンバナにキアゲハが! ツルボの花がきれい! キカラスウリに実が!

  台風の大雨も止んで、いよいよ秋たけなわの季節になりました。お彼岸のこの日ですが、ヒガンバナが咲き始めています。不思議なことに、9月のこの日になると花が一気に咲くのです。花の美しさに見とれてしまうのですが、一昨日散歩した文珠山の上で見たヒガンバナには、下の写真のようにキアゲハが蜜を吸いに来ていました。ヒガンバナとキアゲハの組み合わせが、実に見事ですね。

ヒガンバナにキアゲハが

  今は、下の写真のようにツルボの花がきれいです。花穂の下の方から咲き始めていますので、まだ咲き始めのようです。

ツルボの花がきれい

  子どもの頃、外で遊んで帰るとシャツやセーターにくっついたオナモミの実を取るのに苦労したことを覚えていますが、そのオオオナモミが群生しているところを通りました。大きな葉で、茎が赤いのが特徴で、実がイガイガなのですね。

オオオナモミが群生

  下の写真は、イガイガの実をアップして写したものです。ボクらの世代に人にとっては、懐かしいでしょ?

オオオナモミに実が

   下は、イシミカワというタデ科のツル生草本です。まさに三角形の葉で、下向きに刺がついていて他の植物に引っかかって登るのだそうです。緑色の実がたくさんついていましたが、秋が深まると赤っぽい色やブルーになるのでそうです。

イシミカワに白い実が

  そういえば、探しているうちに下のような実が生っていました。

イシミカワに青い実

  ここにもゴンズイが赤い実を実らせていました。でも、だいぶ実が落ちてしまったようです。もちろんどこにでも見られる種ではありませんが、各地に生息しているのですね。

ここにもゴンズイが

  道端のスギの植林地に、キカラスウリが数個だけ生っていました。6~7cmもある大きな実がバラ下がっているのですが、葉はもう枯れていました。一つだけ実が黄色になっていたのですが、他は下の写真のようにまだ緑色です。近縁種のカラスウリは、実が楕円形でオレンジ色になるのですね。、

キカラスウリに実が

  下の写真の赤い実はサンショウの実ですが、真ん中に写っている実は、スズメウリです。キカラスウリの近縁種です。でも、実はずっと小さく、直径1cmくらいです。

スズメウリに実がついた

  驚いたことに、ムラサキシキブの実が紫色になっていたのです。光沢のある紫色がきれいですね。

ムラサキシキブに紫の実

  興味ある植物の写真を撮っているうちに、そのほとんどが実であることに気づきました。まさに実りの秋です。植物の花に興味が行きがちですが、植物に生る実が美しいのですね。去年そのことに気づいたのです。今年も、それを追いかけてみたいと思っています。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。