スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマノイモとオニドコロの実が!スカシタゴボウなんていう植物が!

   近所を歩いた時に、変わった植物を見ました。三枚の丸い羽根が合体したようなものがいくつかついていて、それが垂れ下がっているのです。つる植物のようで、たどっていくと、細長いハート型の葉に出会いました。ヤマノイモだったのです。調べたところ、ヤマノイモの実だったのですね。こんな実がつくなんて思ってもみませんでした。

ヤマイモの実が

  その近くに、下の写真の植物が群生していました。ハキダメギクですね。珍しいものではなく雑草ですが、キク科の植物で、むかし牧野富太郎という植物学者が、東京のあるゴミステーションの近くで初めて見つけたので、掃き溜めという名をつけたというのです。こんな名前をつけられて、本人?はおそらく不本意でしょうね。

ハキダメギクがたくさん

  下は、ボクは初めて見る植物です。どこにでも生えている草本ではなさそうで、あまり見かけません。図鑑で調べて、ようたくたどり着きました。スカシタゴボウというアブラナ科イヌガラシ属の草本です。下の方の葉は深く裂けているのが特徴です。黄色い花とその下についているつぼみも特徴的ですね。

スカシタゴボウがあった

  先にヤマノイモの実をご紹介しましたが、下は近縁種のオニドコロの葉と実を写したものです。ヤマノイモと非常によく似ていますが、葉が幅広いハート型である点が違います。

オニドコロがあった

  数日前、巴山コース(白髭神社から石塔坂古戦場への道)を歩きました。アキノタムラソウが美しく咲いていました(下の写真)。淡い紫色の花がきれいですね。

アキノタムラソウがきれい

  最近、道を歩いていて、下の写真のチカラシバがよく目立ちます。試験管を洗うブラシのような形をしていて、色は焦げ茶色なのです。

チカラqシバが群生し

  アップしてみると、細くて赤い髭のようなものがたくさん出ていて、ブラシを構成しているのです。これも、風で飛び散って種が散布されるタイプの植物であることが分かります。

チカラシバの穂が

  同じく風で散布されるススキの穂をアップしてみました。黄色いものが穂の下についていますが、これが花なのだそうです。そのことも知りませんでした。とてもきれいです。

ススキの黄色い穂

  この沿道にはメハジキがたくさん咲いていたのですが、すでに花期は終わりかけていて、下の写真のようにその美しさは失われていました。ほかの地域ではメハジキはほとんど見たことがなく、この地域だけに群生していました。そのことに、何か理由があるのでしょうか?

ほぼ終わったメハジキの花

  何気なしにシロモジの葉を眺めていたら、葉の付け根に小さな球が出ていました。シロモジの実は普通1cmくらいの大きさですので、実ではありません。おそらくシロモジの花芽でしょう。もうこんな時期から来年の花芽を準備しているのですね。驚きました。

もうシロモジの花芽が





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。