スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩古谷山に登りました! 最近初めての登山です! 爽快でした!

   先回は岩古谷山の登山の報告を予告しましたが、記憶が鮮明なうちに、他の記事の前にその記録を書きます。二回くらいに分けて報告します。
  岩古谷山は、設楽町の中心地、田口の東の方にそびえる山で、山頂付近は岩場があったり、下り道にすごい崖があったり、スリルがあって変化にとむ山で、人気があります。ボクも、20年くらい前(?)に登ったことがあり、楽しかったことを覚えています。東海自然歩道になっており、
和市という部落から登ります。山頂まで1時間くらいと、下の標識に書いてありますが、それは健脚向けで、ボクらは1時間半くらいかけて登りました。

岩小屋山看板

  尾根までの30分くらいは、ずっと人工林の中を歩きます。急な斜面をジグザグに登っていくのですが、かなりきついです。沿道に生えていた植物をご紹介します。人工林の中は暗くてフラッシュが光って写しましたので、あまり良い画像ではありません。
  下は、モミジガサです。作手の守義の林道で見つけた、珍しい植物ですね。白い花をつけていました。今が花の時期なのですね。


モミジガサに白い花

  ガンクビソウが生えていました。これも作手で何度か紹介しました。

ガンクビソウに花が

  沿道には、ホトトギスがかなりたくさん咲いていました。それがとてもきれいでした。。

ホトトギスがきれい1

  下のように、色鮮やかなホトトギスの花もありました。こんなに美しいホトトギスの花はボクは見たことがありません。

ホトトギスがきれい2

  色がまったく付いていない、白いホトトギスの花もありました。これが同じ種の花とは思えないですね。

白いホトトギスが

  下は、ママコナの一種で、シコクママコナではないかと思います。ボクは初めて見る植物です。

シコクママコナではないか

  尾根に出ると雑木林。岩場を鎖を頼りにしながら登りました。頂上付近に岩場で、連れ合いに写してもらったのが、下の写真です。この岩場の向こう側は、数10mもある断崖絶壁です。写真にあるように、地下足袋を履いての登山は気持ちがいいのです。また、山歩きには杖が手放せませんね。

山頂に到達した

  そこから下界を写したのが、下の写真です。岩古谷山の東側の谷、黒倉方面を写しました。景色抜群ですね。

山頂から黒倉方面を

  山頂は、標高799m。知らなかったのですが、この地域は「天竜奥三河国定公園」だったのですね。向こうに見える尖った山は、明神山だろうと思います。標高1200m位の山ですが、昔友達に誘われて登ったことがあるのですが、きつい山で途中で断念したことがあります。

岩古谷山山頂から

  この続きは、次回に回しましょう。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。