FC2ブログ

ケムシがきれい!イヌホウズキ、アオミズ、ホソバガンクビソウ、オトギリソウを同定!

  この夏、お隣の地主さんからナタマメの苗をいただいたので、畑に植えました。最近、健康に良いと注目を集めている作物なのだそうです。気分を爽快にさせるのだそうです。もともと東南アジアのツル植物で、沖縄では昔から栽培されてきたといいます。20cmにもの大きさになる鞘に入った豆なのですが、沖縄では40cmくらいの大きさに育つそうです。下は、ネットに這わせたナタマメの大きな葉の中に、花が咲いたところを写した写真です。どんな豆が採れるのか、楽しみです。

庭のナタマメに花が

  畑のニラに花が咲いて、とてもきれいです。ボクの大好きな食べ物ですが、採らずに放置していたらどんどん花が咲いてしまったのです。下は、その花にイチモンジセセリが蜜をスイに来ているところを写したものです。

庭のニラに花が

  同じように、もっと前にお隣の地主さんから、サトイモの苗をいただいて植えたのですが、葉を食べられてしまったのか、葉がなくなってしまっていたのです。しばらく様子を見ていたら、その原因は下の芋虫にあることが分かりました。とてもきれいな芋虫です。調べたところ、フクラスズメという蛾の幼虫でした。それにしても、美しいですね。大きさが8~10mくらいあるでしょうか、これだけ大きくなったのは、たくさん植えた里芋の葉を全部食べ尽くした結果だったのです。すごい食欲ですね。おかげで畑の里芋を食べることができないのは残念です。

フクラスズメの幼虫が


  ところで、毎日散歩して各地をカメラを持って写していますので、どこの場所で写したか分からなくなるほどです。帰ってくるとすぐに写真の整理にかかるのですが、それでも記憶がはっきりしない写真があります。これから紹介する写真も、ここ一週間くらいのあいだに各地で写した写真です。
  下は、イヌホウズキだろうと思います。ナス科の草本です。小さな白い花がついています。アメリカイヌホウズキは知っているのですが、それには葉に鋸歯が明瞭です。これは図鑑には波型の鋸歯があると書いてあるのですが、これには鋸歯がありませんので違う種かもしれません。秋には黒い実がなるそうです。


イヌホウズキが生えていた

  下の写真の植物も同定が難しいですが、アオミズだろうと思います。全体に緑色が色濃く、大きな葉で鋸歯が明瞭、先端が尖り、三本の葉脈がはっきりとしています。今は花はついていませんが、葉の根元に花が付きます。ボクが初めて同定できた種です。

アオミズを初めて

  下は、ブタクサです。写真のように、葉が特徴がありますね。どうしてブタなどという名が付いたのでしょうか。これも今年初めて同定しました。

ブタクサが生えていた

  下は、ホソバガンクビソウだと思います。ガンクビソウは知っていたのですが、葉の幅が広いですが、これは葉が細いところからホソバと同定しました。

ホソバガンクビソウの1

ホソバガンクビソウの2

  下は、オトギリソウで間違いないと思います。長命湿地で見られるミズオトギリと葉の形がよく似ているので、それを調べているうちに分かりました。黄色い花はオトギリソウですから、・・・・。黄色い花が可憐ですね。

オトギリソウに花が

  下の写真の植物が、どうしても種名が分かりません。図鑑を全部めくってみましたが、該当する種は見つかりませんでした。どなたか教えてください。トラノオのように花がつくのですが、花の形はラッパ状で、色が紫です。林道愛郷線の奥の広場に咲いていました。美しい花ですね。

分からない花が




スポンサーサイト



コメント

なた豆

なた豆は福神漬にはなくてはならない材料です。

ニラの花は食べませんが、蕾はとても美味です。
蕾を摘んできて、バターを加えてフライパンで、
蒸煮にします。
フライパンにバター小さじ1
水          小さじ1
を入れて、中火で1分
火を切って、塩、胡椒と醤油(香り付け)で
味をつけて出来上がり。
年に一度のごちそうです。
ビールがうまい!!

一度お試しあれ
非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード