スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オナガアゲハがきれい! ヒルムシロの池とヒシの池は?

  浦山林道を歩いている時に、オナガアゲハと思われるきれいなチョウが飛んできました。後ろ羽の尾が長いので、オナガアゲハでよいと思うのですが、似たようなチョウがいるので、断定はできませんが、・・・・。後ろ羽のオレンジ色の模様が美しいですね。ボクは始めて見るチョウです。出会えて嬉しかったです。

オナガアゲハがきれい

  今、どこにいってもヘクソカズラの花が咲いています。名前の割にはきれいな花なのですが、葉をじっくりと見ることはありませんでした。ハート型のきれいな葉ですね。緑色の実もたくさんついています。どんな色に熟すのでしょうか。それにしても、野山を歩いていると、いかにつる性の植物がたくさんあるか、驚くほどです。巻き付かれた方の植物の葉とつる植物の葉とをなかなか区別ができないことがあるのですね。ヘクソカズラも同じで、なかなか葉そのものを見ることがなかったのです。

ヘクソカズラの葉は

  我が家にも咲いているセンニンソウですが、これもつる植物です。白い花はとても良く目立ち、美しいです。放射状に伸びるのは雄しべで、十字型に広がる白いものは花弁ではなく、蕚(ガク)片なのだそうです。花弁がない花もあるのを初めて知りました。この花や葉にはかぶれを起こす有毒物質があるそうで、注意しないといけませんね。

センニンソウの白い花は

  下は、ベニバナボロギクです。白い穂がついて、今にも風で吹き飛ばされそうです。白い穂の先に黄色いものがついていますが、それが種ですね。

ベニバナボロギクの白い穂が

  長ノ山湿原に行ってみました。そこの集落の道沿いに、シキミを植えてある場所があるのですが、そのシキミに実が生っていました。仏事に使う植物で、お店にも売っている植物ですね。シキミに、下の写真のような実がつくなんて、ボクは知りませんでした。赤っぽい緑のものは、種を包んでいる皮で、熟すと割れて茶色の種が飛び散るのでそうです。

シキミの実は

  下の写真の植物は、コブシだろうと思います。実が付いていました。実りの秋なのですね。タムシバも拳に似た形ですので、断定はできません。

コブシに実がついた

  タラノキに淡い黄色の花の大きな花序がついていました。広げた葉くらいある大きな花序です。もうじき真っ白の花を咲かせます。

タラノキに大きな花序が

  長ノ山湿原の奥の方に三つの池があります。たくさんの種類のトンボが生息しているイケで、ボクらはトンボ池と呼んでいます。その一番手前の池には、下の写真のようにヒルムシロが水面のほとんどを覆っています。それもヒルムシロだけで他の水生植物は生えていません。不思議なことに、岸に沿う2~3mの範囲はヒルムシロが生えていないのです。なぜなのでしょうか、ボクには分かりません。

ヒルムシロの池が

池のヒルムシロが

  次の池にゆくと、今度はヒシが一面に被っていました。そして、他の水生植物は全く生えていないのです。水生植物はこのように群生する性質があるのでしょうか。よく見ると、ヒシの葉の上に、白いものが見えますが、それが花です。近寄れないのでアップで写せないのは残念でした。ここでも、岸に沿う数mはヒシが生えていないのです。不思議ですね。

ヒシが広がる池

ヒシのある池は



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。