スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巴山林道でメハジキが満開で美しい! オニヤンマのホバリングを撮影!

    一週間ほど前、石塔坂古戦場への林道に再び行ってみました。山というと人工林ばかりで植物を観察するには面白さがありません。スギ・ヒノキだけの単調な植物だからです。日照りを避けるだけでしたらそれでも涼しくて山歩きには良いのですが、植物の観察にはあまり向いていません。石塔坂古戦場への林道は、人工林も少しはありますが、尾根の上を走る林道の西側は昔牧場だったようで、基本的に草原なのです。それで、多様な植物が生息しているので面白いと思ったからです。石塔坂古戦場への林道などというと長い名前で言いにくいので、今後は巴山林道と呼ぶことにしましょう。

  前にもご紹介しましたが、メハジキが群生していました。下の写真はそのごく一部なのです。これだけの数の群生は圧倒的ですね。それも、以前よりもまして満開で、一部は枯れ始めていました。他の作手の場所では、メハジキという植物は見たことがありません。とてもきれいな花です。下にアップした写真を載せました。


メハジキが群生して

メハジキはきれいです

  沿道にクロモジに実がついていることに気づきました。花は見たことがあるのですが、実は見たことがありません。秋にはどんな色になるのでしょうか。

クロモジに実がついた

  下はカナクギノキだろうと思います。落葉低木で、葉は互生で、細長く先端が尖り、根元はクサビ型です。先端部に葉が集中して、輪生しているように見えます(下の写真)。どこにでもあるという樹木ではありませんね。作手では二箇所でしか見ていません。

カナクギノキを見た

カナクギノキを見た1

  下は、イソノキです。これもあまり見られない種ですね。落葉低木で、実がつき始めたようです。秋が深まるとどんな色の実になるのでしょうか。

イソノキに実が

イソノキに実が1

  下は、ご存知オニヤンマですが、ホバリングしているところを偶然うまく撮影できました。トンボ類は動きが早いので撮影は困難を極めるのですが、ましてやホバリングしているところなんてほとんど撮影不可能だと思っていました。めったに見られない映像だと思ってくださいね。

オニヤンマがホバリング

  茶色のじに二つのジャノメは、まさにジャノメチョウです。後ろ花にも小さなジャノメが一つありますが、・・・・。単純な模様なのですが、美しい蝶です。

茶色のジャノメチョウ

  ルリタテハが道端に止まりました。表の模様がこんなにはっきりと見えることはなかなかありません。羽を閉じていることが多いからです。美しい模様ですね。

ルリタテハが美しい






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。