スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庄ノ沢湿地、サギソウ、ミズギクが満開!

  真夏後半の湿地の植物たちを見ようと、庄ノ沢湿地に歩いて出かけました。沿道で気がついたのですが、上を見上げるとネムノキの花がまだ咲いていたのです。わが家の周辺ではとっくの昔に花は終わっているのですので、まだ花が咲いているなんて信じられない光景でした。

まだ咲いていたネムノキの花

  農家の庭先にツバキの木が生えていたのですが、それに大きな実がついていました。ピンポン玉よりも大きいくらいです。椿の花はしばしば見ているのですが、こんなに大きな実がつくなんて知らなかったのです。図鑑によれば、ツバキ属の野生種は日本には三種類しかないのだそうで、ヤブツバキ、ユキツバキとサザンカです。それぞれに園芸種がたくさん作られていて、植えられているツバキの大部分は園芸種です。これも例外ではありません。花が咲いてみないとどの園芸種か分からないですね。

ツバキの実が

  庄ノ沢湿地の入口で、昔カラスウリの花を見たことがあるのです。その花が強く印象に残っているのですが、花はまだのようです。でも葉くらいは分かるだろうと探してみたら、下の写真の大きな葉がそれでした。花は夜に咲き、真っ白で髭もじゃで、それがきれいなのですね。でも、ボクはまだ見たことがないのです。今年こそ!と思っています。

カラスウリの大きな葉が

  湿地の中に入ると、コオニユリが美しい姿を見せてくれました。近縁種のオニユリはこオニユリととてもよく似ていますが、花がもっと大きいそうです。ボクは見たことがありません。

コオニユリが咲いていた

  予想したとおり、ミズギクが湿地に一面に広がっていました。これだけの数があるのは壮観ですね。湿地にしか生えない貴重な草本です。

ミズギクが一面に

ミズギクが一面に1

  作手の湿地といえば、サギソウですね。この季節に咲くのですが、今では咲くところはごくわずかで限られた場所でしか見られません。絶滅が心配される種ですね。真っ白の花ですので、天気が良い時に撮影するとハレーションを起こして細部がよくわからなくなってしまうのです。ちょうど曇りでしたので、かなり良く写っている写真になりました。

サギソウがたくさん

サギソウがたくさん1

  下は、ムラサキミミカキグサです。非常に小さい紫色の花ですので、うまく写せません。これも、湿地にしか生えない草本です。

ムラサキミミカキグサ2

  オモダカの花が咲いていました。水田雑草なのでどこにも見られるのですが、花は美しいですね。赤っぽいつぼみが面白いです。

オモダカの花はきれい

  庄ノ沢湿地の植物たちはまだまだあります。続きは次回に回しましょう。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。