スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウワミズザクラの実が! ノリウツギの花は! 作手にもクサギの花が!

  一昨日、三河湖の南岸を歩きました。場所は、三河湖の一番東(最上流地点)にある橋をわたって南がの道路沿いです。真夏の日差しを避けて歩くのには、森の中を歩くので竿光の散歩道です。
  その橋のたもとに、赤く色づいた樹木がありました。はじめは分からなかったのですが、ウワミズザクラと分かりました。遠くであったために、なかなか分からなかったのですが、望遠で写した写真を見てそれと分かりました。二枚の写真を見て、ブラシのような花序に花が咲き、それに「赤い実がついたのです。きれいで! 感激でした。。


ウワミズザクラに実が1

ウワミズザクラに実が2

  真夏になって、ノリウツギの花がきれいです。円錐形の花序に真っ白い花が咲くのです。図鑑を見ると、アジサイの仲間と記されているのには、びっくりしました。確かに、周りの白い花弁は装飾花で、真ん中の球のようになっている部分が花のつぼみなのですね。アジサイと同じような花の形をしています。

ノリウツギの白い花が

   下の写真を見ると、つぼみが下の方から花に変わっていることが分かります。とても美しいですね。

ノリウツギの白い花が2

  次の日に出かけた散歩道は、林道愛郷線。その道沿いの菅沼川の土手のネムノキに、クズが巻きついていて、それに花が咲いていました。繁殖力が強くて嫌われ者ですが、花はとてもきれいです。

クズの花がネムノキに

  林道愛郷線の道沿いはほとんど人工林で、草花の変化はあまりなくて面白くないのですが、一番奥にクサギの立派な樹木がありました。それに花が咲いていたのです。岡崎では何度かご紹介しましたが、ようやく作手でも開花の季節になったのですね。これからの花の変化が楽しみです。

クサギに花がいっぱい

クサギの花は

  下は、道端の飛んでいたコミスジだと思います。ミズジチョウを小さくしたようなチョウです。ミズジチョウとはちがって、小さいですし、裏の模様が全くちがいます。

コミスジというチョウが





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。