スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

林道愛郷線の散歩の続き、タケニグサの花が、タマゴダケがきれい!

  林道愛郷線に入る付近から人工林が続いていて、植物などを観察するにはあまり良い場所ではないのですが、それでも林縁には光が入るのでいろいろの植物が見られます。
  下は、タケニグサの花を写しました。大きな葉で人間の背丈よりも大きく成長する植物ですが、花も立派です。始めは上の方から白い花が咲くのですが、下の方はつぼみなのでしょうか、色がオレンジ色です。


タケニグサの花は

  岡崎で見たクサギに花が咲いていました。

クサギの花が咲いた

  愛郷線の一番奥の埋立地の近くで、カラスザンショウを見ました。どこにもあるという樹種ではないのですが、羽状複葉の葉がとてもきれいです。サンショウは落葉低木ですが、これは高木に成長します。また、サンショウは幹に鋭い刺が全面的についていますが、カラウスザンショウは下の方の幹の刺はなくなって、枝を伸ばしている部分だけに刺が付きます。それで大体見分けが付きます。

カラスザンショウの葉が1

カラスzンショウの葉が2

  昨日は、塞の神城址から文珠山のコースを散歩しました。
  下は、オトコヨウゾメというガマズミ属の植物に実がなっているところを写したものです。ガマズミの実とあまり変わりはないので、これだけで見分けることは難しいのですが、まえに咲いていた花をつけた樹木で確認していたからオトコヨウゾメと判定したのです。


オトコヨウゾメの実は

  山に入る入口付近に、ガクアジサイが植えられており、それがとてもきれいでした。装飾花が、真っ赤であったり、紫色であったりして色とりどりです。

ガクアジサイ(赤)

ガクアジサイ(紫)

  文珠山近くの山道で、下の写真のように、タマゴダケが赤い傘をつけているのを見ました。赤い色がとてもきれいですね。食べたら美味しいかもしれないと思ったのですが、毒キノコは怖いので採ってくるのをやめました。後で図鑑を調べたらテングダケ科のタマゴダケと分かり、解説にはとても美味しいキノコと書いてありました。採ってくるのでした!・・・・。残念でした。

タマグダケが美しい

  文珠山の頂上付近には、お地蔵さんなどの石仏がたくさん安置されているのですが、それに米粒が備えてありました。他の石仏も同様です。地元の人々が信仰している山でもあるのですね。とくに今は、お盆のシーズンです。そのお供えのつもりなのでしょうな。

文珠山のお地蔵さんいお米が

  ちょうどヒグラシが次々と羽化しているらしく、ボクらが歩くと草むらからヒグラシが飛び出します。またいたるところにセミの抜け殻がありました。ちょうどうまく、近くのヒノキの幹に止まったヒグラシを写しました(下)。小さいセミで、朝夕はうるさいほど泣きます。

ヒグラシが泣いていた






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。