スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中九州の旅 その5 熊本城のキンキラキンの本丸御殿と天守閣からの景色を!

  今日も雨! 外に出てもカメラを濡らしてはいけないという思いと、光が足りない場合が多くピントが甘くなってしまうので、雨の日はカメラを持たないでひたすら歩く散歩をしているのです。したがって、ネタがなくなってしまいました。それに、たくさん写して保存していたホールダーをうっかり消してしまったのです。時たまあるのですよね。というわけで、ネタ切れですので、再び中九州の旅を続けます。
  熊本城の観光をしてきましたが、お城の外側ばかりでなく、内側の本丸御殿(当時のお役所)も素晴らしくきれいでした。もちろん、過去の記録を元にに戦後に修復したものですが、下の何枚かの写真をご覧になれば、その絢爛豪華さをお分かりいただけると思います。フラッシュを禁じられていましたので、フラッシュなしで室内を写したのですが、とても明るくよく撮れていると思います。屏風絵は、その当時のお抱えの絵師たちを動員して描かれたものでしょうが、ものすごく豪華ですね。金ピカの絵で美しいのですが、あまりに人工的すぎて絵画としては感心しませんね。権力者がお金に糸目をつけずに作らせた、という感じです。


御殿の中1

御殿の中2

御殿の中3

御殿の中4

御殿の中5 

  下は、本丸御殿の前にあるイチョウの巨木です。驚くほど大きなイチョウの木にびっくりしました。

杉の巨木が

  このイチョウの巨木には、深いいわれがあったのですね。加藤清正が築城当時に植えたそうで、そのままでしたら樹齢は500年くらいということになりますが、西南戦争の時に焼失したので、それから150年近く経っているわけです。見事な巨木ですね。

銀杏の由来

  最後に天守閣に登りましたが、どこのお城もほとんど同じような展示がなされていてあまりおもしろさはありませんでした。ただ、熊本の街を一望できますので、その写真をいくつかお見せしますね。下はにしの方にそびえる金峰山といって、その山の向こうはもう有明海になるのです。

天守閣から1

  下は、熊本の街の中心部を写したものです。大きな町であることが分かりますね。

天守閣から2


   

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。