スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中九州の旅 その2 日田三隈川の鵜飼舟、やまなみハイウェイの長者原湿原を!

  再び、中断していた中九州の旅を続けます。太宰府天満宮の観光の後は、そのまま大分県の日田市のホテルに泊まりました。その前に流れているのは、三隈川。中洲等がほとんど見えず、両岸いっぱいにとうとうと流れる風情の川でした。ホテルの窓から、たくさんの屋形舟のような小さな船が岸につないでありました。後で知ったことによれば、日田の街は鵜飼いで有名なのだそうで、鵜飼い船だったのです。この地方には来たことが無かったので、全く知りませんでした。船に火が灯り、お客さんを乗せた深い船が数台、水面に浮かんでいました。鵜飼いそのものは見ることはありませんでしたが、・・・・。

日田市三隈川

鵜飼いの船が

  翌朝は、山奥の「龍門の滝」を見学しましたが、あまり面白くないので、割愛します。次に行ったのが、やまなみハイウェイにある長者原湿原です。大分昔、別府から入ってやまなみハイウェイを通って鹿児島に行った時、ここを通った記憶があります。九重連山の麓にありこの湿原は広大な面積を持ち、とても貴重な湿原植物がたくさん生息します。そして、水鳥の生息地として、ラムサール条約に登録されている湿原です。

長者原湿原案内図

くじゅう坊ガツルタデ湿原

  火山地域ですので、ところどころに噴煙を上げていました。

長者原湿原の風景

  あいにくの雨で、九重連山は見えませんでした。

長者原湿原の風景2

  下の写真を見ても、広大な湿原であることがわかると思います。

長者原湿原の風景3

  1時間ほどの時間があったので、できるだけ湿地の中を歩きました。季節外れなのか、めぼしい湿地植生の花は見られなかったのですが、わずかにシライトソウの花が見られました。真っ白の美しい花ですね。

白いシライトソウが

  下は、サワオグルマですが、花はほぼ終わった頃で、きれいに咲いている姿は見られませんでした。

サワオグルマが見えた1

サワオグルマが見えて2






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。