スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庄ノ沢湿地の奥の林道、目に付いたの植物たちを!

   先回は庄ノ沢湿地の紹介をしましたが、今回はその奥の林道を歩いたことをお話しましよう。
  下は、オカトラノオです。ようやく花芽が付いたところです。これから暑くなると、真っ白の花が付くのですが、花序がまっすぐに経つのではなく、横になびくようにつきますので、虎の尾のようだというので、この名が付いたと言います。明るい緑の葉ですが、葉の基部(付け根)が赤いのが特徴ですね。


オカトラノオの花芽が

  作手地方の落葉低木で、一番個体数が多いのはシロモジではないかと思います。この地方では最もありふれた樹木なのですが、葉の形が一度見たら忘れられない独特なものですね。その若葉は、下の写真のように紅葉しているのです。それがきれいなのです。枝先の葉が紅葉しているのがわかりますね。

シロモジの若葉の紅葉が

  沿道にはハギ類がたくさん群生しています。下は、キハギではないかと思うのですが、ハギ類は種類が多くて同定はなかなか難しいのです。三枚セットの丸い葉、茶色の茎が特徴ですね。

キハギだろうか?

  沿道のハギ類の中に、イタチハギが見られました。前に紹介した下山村の地域は遠藤に群生していましたが、ここではそれほど繁茂していません。その後、作手でも何箇所かでイタチハギの群生を見ています。それほど多くはありませんが、この地方にもかなりの数が生息していることが分かってきました。

イタチハギがあった

  下は、サワフタギの実だろうと思います。赤い色がとても綺麗ですね。

サワフタギの実がなった

  下は、ヤブムラサキに花がいているところを写しました。ムラサキシキブにとてもよく似ていますが、花が枝の下についていますね。それがムラサキシキブとの違いの一つです。、

ムラサキシキブに花がついた

  数10cmくらいの高さの幼木ですが、ソヨゴに真っ赤な実がついていました。こんな用木でも、実はつくのですね。

ソヨゴの幼木が

  道端にクサノオウが咲いていました。群生する性質があるようです.丸い葉が面白い形をしていますね。茎にトゲがあることも気づきました。

クサノオウの黄色い花は

  ナツグミは前にも紹介しましたが、実がなっているところを見たのは初めてです。楕円形の赤い実はきれいですね。

ナツグミの赤い実は

  そうこうするうちに、峠から三河湖が見える場所に来ました。結構長くだらだらと登る道は、肉体的に大変です。でも、この景色を見ると元気がでますね。

三河湖が見えた







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。