スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウツボグサが咲き始めた! ヤブマオの巨大な葉にびっくり! 

  台風の来襲ですね。作手も朝から大雨です。大型の台風のようで、被害が少ないと良いのですが、・・・・。激しいあまにならないうちにと思い、今朝は早くから散歩に出ました。カッパを着て、完全装備で出かけましたが、中は汗でぐっしょりとなりました。  

    さて、菅守小学校への散歩道の続きです。
  下は、咲き始めたウツボグサの花です。紫色の花がきれいです。トウバナを太くしたような形をしていて、そこから花が出てくるのです。花の色も、濃い紫色であったり、淡い紫色であったり、個体差があります。


ウツボグサが咲き始めた

ウツボグサきれい

  いつもびっくりするのですが、森の中の暗い草むらに真っ白の花をつけるミヤコワスレが群生しているのです。それも、道沿いに何百メートルにもわたって分布しているのです。ミヤコワスレの原種と聞いています。紫色などのミヤコワスレは栽培種ののだそうです。その原種がこんなにたくさん分布しているところは、とても珍しいそうです。

原種ミヤコワスレが群生

  下は、アカソを写しました。鋸歯(葉の縁のギザギザ)がよく目立ち、彫りの深い葉が特徴的で、すぐに覚えられます。比較的水っぽいところにたくさん生えています。この季節の雑草の代表的なものでしょうね。

アカソがたくさん

  下は、アカソと似たような形の葉ですが、葉の大きさが違います。葉長が15~20cmもあります。ヤブマオというのではないかと思いますが、確かではありません。

ヤブマオでは?

  下は、ニガナです。どこにでも見られる雑草ですが、花期がが長いのですね。5月頃から咲いています。写真を撮ったのは、花はすぐにわかるのですが、葉は注意してみたことがなかったからです。細長い葉で、茎を包むように出るのが特徴であることを知りました。

ニガナの葉は

  下は、これまでに何度も紹介したコウゾリナです。黄色い花はほぼ終わって、白い穂が出始めました。風て種を飛ばすのですね。こんな形になるなんて、知りませんでした。

コウゾリナの穂が

  草むらにアカネが生えていました。ハート型の葉が茎から束生すること、茎が固くて四角い形をしていることなどが特徴的です。根っこを染色に用いるそうです。茜色とはこの植物の名に由来するのですね。

アカネがあった

  湿地にたくさん生えている落葉低木のノリウツギですが、夏に真っ白い花を付けます。道を歩いていたら、もう花芽が付き始めていました。枝先から円錐花序が出ています。もうじき装飾花が開き、花が咲くのは8月です。

ノリウツギの花芽がついた

  家に帰るころ、電線にホオジロが止まってさえずっていました。きれいな鳴き声ですね。

ホオジロが電線に 





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。