スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡崎東公園の菖蒲まつりに行きました! 見事なショウブの花に感動!

  この水曜日、目の調子がおかしいので、岡崎市民病院に精密検査を受けに行きました。そのついでに、すぐ近くにある東公園で「菖蒲まつりが行われていましたので、見学してきました。菖蒲は、湿地に咲くノハナショウブを人工的に掛け合わせて作る栽培種なのだそうです。比較的簡単にできるので、たくさんの人々が栽培種を作っていますが、種類数は千を下らないと言います。ここでも、数10種類の菖蒲が咲いていました。それぞれ優美で、美しい花の色と姿を楽しんできました。マニアが手塩にかけて育てたのでしょう。それぞれ、名前が作られていました。

東公園菖蒲まつり会場

ショウブの花1

ショウブの花2

ショウブ園

  東公園の一番奥に、志賀重昴の墓があります。明治のはじめ、福沢諭吉と並び称される地理学者だった人で、岡崎出身だそうで、郷土の偉人として尊敬されています。その墓の上から岡崎の街が一望に見渡せます。いい景色ですね。

お墓から見た岡崎の街

  そこに、テイカカズラが高い木に巻きついていて、たくさんの花が咲いていました。

墓の前のテイカカズラ


  ところで、真っ白い大輪の花をつけたカザグルマを先回ご紹介しましたが、もう一箇所、いつもその場所に行くところがあります。開成地区の汚水処理場の近くです。そこにも咲いているだろうと行ってみました。見事に咲いていました!

処理場前のカザグルマ

カザグルマの素晴らしさ

  今年は、いつもより少ないようですが、きれいでした。上の写真の花の周りを埋めているのはコバノガマズミの葉ですが、本当の葉は違います。下の写真の右に写っているのが、カザグルマの葉です。ツル植物ですので、他の植物に絡まって登っていきますので、葉が紛らわしいのです。

カザグルマの葉は





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

まとめtyaiました【岡崎東公園の菖蒲まつりに行きました! 見事なショウブの花に感動!】

  この水曜日、目の調子がおかしいので、岡崎市民病院に精密検査を受けに行きました。そのついでに、すぐ近くにある東公園で「菖蒲まつり」が行われていましたので、見学してきました。菖蒲は、湿地に咲くノハナショウブを人工的に掛け合わせて作る栽培種なのだそうです...

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。