スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウリハダカエデ、ギンリョウソウなどに出会いました! サトキマダラヒカゲ、オオセンチコガネもきれいでした!

  先週の火曜日(火)に塞の神城址への散歩道を歩きました。出かけるときに、庭に綺麗なチョウが飛んできました。アケビの葉に止まってくれたので、下の写真を写すことができました。サトキマダラヒカゲというチョウです。その模様の美しさに見とれました。

サトキマダラヒガケは

  道沿いに、コアジサイがたくさん生えていたのですが、つぼみがたくさんついています。もうじき開花を迎えるのですね。群生することが多いので、花が咲くと道沿いに連続して綺麗なのです。楽しみにしていましょう。

コアジサイにつぼみが

  ウリハダカエデが大きな葉を広げていました。ボクが知る限り、この地方ではあまり見かけない種です。もっと標高が高い寒い地方に多く生息する樹木なのかもしれません。葉も特徴がありますが、幹の木肌が緑色の地に縦に黒い模様がつくのも大きな特徴です。秋には紅葉がきれいなのですね。

ウリハダカエデの葉は

  よく見たら、枝の下から花のようなものが垂れ下がっていました。カエデ属独特の花のつき方です。

ウリハダカエデの花が

  ヤマアジサイも、つぼみをつけていました。ヤマアジサイは、白い装飾花はアジサイ属に共通しますが、花はピンクや薄紫などいろいろの色になります。咲いたらきれいでしょうね。

ヤマアジサイのつぼみが

  ここにもツクバネウツギの花が咲いていました。もう花期の終わり頃なのでしょう、花もしおれかかっていました。

ツクバネウツギの花が

  下の写真の樹木は種名が分かりません。枝下に緑色の実がたくさんついています。こんな植物は見たことがありません。どなたか教えてください。

この樹木は?

  久しぶりに、ギンリョウソウに出会いました。暗い森の中に、まるで幽霊のような姿ですので、ユウレイタケとも呼ばれます。植物は光合成で葉緑体を蓄えますので基本的に緑色をしているのですが、これは全くちがいます。でも、れっきとした草本なのです。腐生植物といって、土壌中の腐食をエネルギー源にして成長するとても珍しい植物なのですね。

ギンリョウソウがあった

  ここでも、タニウツギが咲いていました。でも、たった一本の樹木です。森の中の暗闇にピンクの花はきれいですし、とてもよく目立ちます。

タニウツギの美しい花

  道端の石の上にきれいな昆虫を見つけました。下は、おそらくオオセンチコガネというコガネムシの仲間だと思います。色がきれいですね。写真の虫の色は光沢のある赤ですが、この種には別にブルーや黄色などの色の昆虫がいるそうです。

オオセンチコガネがいた






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

まとめtyaiました【ウリハダカエデ、ギンリョウソウなどに出会いました! サトキマダラヒカゲ、オオセンチコガネもきれいでした!】

  先週の火曜日(火)に、塞の神城址への散歩道を歩きました。出かけるときに、庭に綺麗なチョウが飛んできました。アケビの葉に止まってくれたので、下の写真を移すことができました。サトキマダラヒカゲというチョウです。その模様の美しさに見とれました。  道沿い...

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。