FC2ブログ

岡崎の東、蓬生町を散歩、ヒメシャラ、イワガサの花を見ました!

  本当に久しぶりに、岡崎の東の方の山の中にある蓬生町を訪ねました。昔、時々、市民運動の仲間と農業体験のためにハイキングをしたことがあったところです。そこには、石材でフクロウの置物を作るUさんの工房(オウル工房)があります。
  その村への入口に、下のような古い道標がありました。「右、本宮山・桜井寺、左、三河富士入口」とあります。本宮山も桜井寺も知っていますが、三河富士というのは知りません。この先に富士山が見える場所があるのでしょうか、あるいは富士山型の山でもあるのでしょうか?


蓬生町の石碑

  Uさんのオウル工房の前を通ったら、偶然Uさんにお会いできました。もう10年以上お会いしていなかったでしょうか。ひとしきり懐かしい話をしました。彼の作品が所狭しと並んでいるのですが、そのひとつが下の写真の彫刻です。素朴な味わいがいいですね。

オウルの作品

  家のすぐ上が田んぼが広がっているのですが、ほとんど工作されておらず、休耕田になっているところの一部を、今年開墾したと言っていました。それが下の写真に写っている田んぼです。のどかな山里であることがわかりますね。

Uさんの開いた田んぼ

  集落の川沿いに、下の写真のようなきれいな花が咲いていました。図鑑で調べたところ、ヒメシャラの花であることが分かりました。作手で樹木は見たことがあるのですが、花を見たのは初めてです。きれいですね。

ヒメシャラの花が

  道端に、下の写真のような花が咲いていました。カキドウシです。雑草ですが、きれいな花ですね。ボクが知っているカキドウシは、こんなに花がまとまっていないで散りじりに咲いている感じだったので、別の花かと思いました。

カキドオシの花は

  こんな花も咲いていました。まるでコデマリのような白い花です。ところが葉が明らかにちがいます。細長いヘラ状で、先が丸い葉です。コデマリは葉が三裂します。図鑑で調べたところ、イワガサと言うそうです。山地や海岸の岩場に生えている低木で、花序が笠のような形をしているところからその名がついてそうです。そこは民家の植え込みに咲いていましたので、きれいなので観賞用に植えたものでしょう。

イワガサを初めて見た

  これも雑草ですが、トウバナです。塔のようなずん胴の穂に薄紫の小さな花がポチポチと付くのです。可愛いのです。

トウバナが咲いていた

  下は、ツタですね。ツル植物であることは知っていました。しかし、植物に絡まっているのはたくさん見るのですが、岩場に張り付いているのは見たことが無かったので写しました。どの植物でもそうなのですが、葉の形が素晴らしいですね。実に調和に満ちています。自然はこんな美しいデザインを作り出すのですね。

ツタが岩の上を

  その岩場に、こんな植物が張り付いていました。見たこともない植物です。1cmくらいの分厚くて光沢がある丸い葉がびっしりと付いているのです。とてもきれいです。種はわかりません。どなたかお分かりでしたら教えてください。、

初めて見る丸い葉の

  テイカカズラの花が咲いていました。5枚の花弁の白い花が、まるで白い手裏剣のようです。

テイカカズラがあった

  先回、作手の農協近くを歩いている時に見たツクバネウツギが、ここにも咲いていました。一度見ると忘れられない美しい形をしています。

ツクバネウツギがここにも

ツクバネウツギはきれい






スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

トラックバック

まとめtyaiました【岡崎の東、蓬生町を散歩、ヒメシャラ、イワガサの花を見ました!】

  本当に久しぶりに、岡崎の東の方の山の中にある蓬生町を訪ねました。昔、時々、市民運動の仲間と農業体験のためにハイキングをしたことがあったところです。そこには、石材でフクロウの置物を作るUさんの工房(オウル工房)があります。  その村への入口に、下のよ?...

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード