FC2ブログ

無数のヒキガエルのオタマジャクシが! カワトンボが美しい!

  数日前、長ノ山湿原への散歩道で出会った生き物たちを紹介しましょう。
  今、道端や田んぼのあぜにスイバがいっぱいです。無数と言っても良いほどたくさん生えています。その中で、下の写真のように花が真っ赤なものがあったのです。とても綺麗なので写しました。


スイバの赤い花が

  ニガナが花を開き始めました。5枚の黄色い花弁が可愛いですね。雄しべが飛び出しているのも面白いです。ありふれた雑草ですが、よく見ると美しいですね。

ニガナが咲いた

  これもありふれた雑草ですが、クサノオウの黄色い花がきれいです。

クサノオウの黄色い花が

  前に、側溝の中にヒキガエルの卵塊を発見し、それが孵ってオタマジャクシになったことをお話しましたが、そのオタマジャクシが活発に動き始めたのです。その数の多いこと! 無数と言ってよいほどの数です。彼らは、写真のように体を寄せ合って動いているのです。なぜ分散して生きようとしないのでしょうか。面白い習性ですね。かれらが成長して陸に上がる日はいつなのでしょうか、それを見届けたいものです。

ヒキガエルのオタマジャクシは1

ヒキガエルのオタマジャクシ2

  彼らが生きている場所は、地下水が滲み出しているところで、いつも新鮮なきれいな水が溢れています。そこで、トンボが生息するというわけです。今、元気に飛んでいるのは、カワトンボとアオイトトンボです。カワトンボは、下の写真のように美しい羽を持っているのですね。見とれてしまいます。神様が造った造形の素晴らしさです。

カワトンボの赤い羽根は

  ウリカエデに実がつきました。黄色い花が下にたれていたのですが、もう実になっているのです。それがブーメランの形をしていて、夏になると風に舞って散布されるわけです。

ウリカエデのブーメランが

  山に入るとヤマウルシに気を付けよ! と言われますが、触るとかぶれるからですね。若い頃そのことを知らなくて、腕に触ってひどくかぶれた経験があります。でも、その若葉は綺麗なのです。若い小枝が真っ赤なのが素敵ですね。

ヤマウルシの若葉が

  今、ヤマツツジが満開です。どこに行っても咲いていてとてもきれいなのです。

ヤマツツジの赤い花は

  また、コバノガマズミは今が満開です。どこにいっても、雑木林に白い花をつけています。

コバノガマズミの白い花は





スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード