スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三河湖南の生活環境保全林でキケマンを見ました

    三河湖の南側にある「生活環境保全林」という県の公園があり、何度かご紹介しましたが、この季節の植物などを見たいと思って訪ねました。
  面白いチョウを見ました。と言っても、動いていないとまったくチョウであると分からないほど擬態が見事なのです。下の写真がそれですが、誰でも枯葉と思うほどです。調べたところ、コノハチョウというのだそうです。チョウの擬態を代表する種だそうです。実は、表はとてもきれいな模様なのだそうです。飛んでいるときは動きが早くて表の模様が見えませんでしたが、想像も出来ませんね。


コノハチョウは木の葉そっくり

  下はモチツツジです。後に出てくるヤマツツジと比べてみると分かりますが、ピンクの色がきれいな花です。花の下にある顎を触るとベタベタとくっつきます。ツツジ類も種類が多いのですが、ごく一般的なものは、コバノミツバツツジ、モチツツジ、ヤマツツジです。その区別さえ知っておけば野外で簡単に識別できます。

モチツツジの花とは

  下が、ヤマツツジですね。花の色が赤いですね。朱色と言った方が良いのかもしれません。

ヤマツツジの花とは

  ここにはニシキギがたくさん植えられています。秋になると紅葉がきれいなので、何度かご紹介していました。今回は、花が咲いている時に訪問したことになります。小さな白い花で、よく見ないと分からないほどです。

ニシキギの小さな花が

ニシキギの黄色い花が

  森の中に、ヤエヤマブキが咲いていました。八重桜のようなぽっちゃりとした黄色い花は、とてもよく目立ちます。美しい花ですね。

ヤエヤマブキがたくさん

ヤエヤマブキの黄色い花は

  ヤブウツギが咲き始めていました。濃い赤紫の色をしたラッパ状の花で、これも良く目立ちます。まだつぼみが大部分で、花はこれからです。ここでは、これからいろいろの種類のウツギ類が植えられており、開花が楽しみです。

ヤブウツギの真っ赤な花が

  小さな橋を渡ろうとしたら、キケマンを見ました。図鑑では知っていたのですが、見るのは初めてで、歓声を上げました。めったに見られないからです。下の写真には、ムラサキケマンも写っています。どこにでも咲いているムラサキケマンも美しい花ですが、キケマンもそれに劣らず美しいですね。

キケマンを初めて見た1

  チゴユリもたくさん見ることが出来ました。チゴユリは下を向いて花を付けるので、なかなか雌しべや雄しべの中身を見ることが出来なかったのです。ここでは横を向いたり、中には上を向いた花もありました。そういう違いは、場所による違いなのでしょうか、それとも時期による違いなのでしょうか。

チゴユリの中身が見えた






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。