FC2ブログ

庄の沢湿地、ハルリンドウは咲いていなかった!

  長ノ山湿原にハルリンドウを見たので、庄ノ沢湿地にも出ているかもしれないと、庄ノ沢湿地に出かけたついでに周囲を一周の散歩をしました。
  庄ノ沢湿地はさらに整備が進み、いろいろの植物に下のような名札(ネームプレート)が付けられていました。植物の素人であるわれわれにとって、とても勉強になります。下はコバノミツバツツジの名札ですが、花の写真までつき、簡単な特徴まで記されています。これまで、ミツバツツジとコバノミツバツツジが正確にどのように違うのか、あまりよく知らなかったので、勉強になったのです。


コバノミツバツツジの看板が

  すぐ近くに、ミヤコツツジのネームプレートもありました。名前を聞いたこともないツツジです。花が咲いていないので、葉だけでもと思い、写真を撮ってきました。。

ミヤコツツジの名札

  下はズミの葉を写したものですが、やはりネームプレートが付けられていました。つぼみや花は大体知っていたのですが、葉の特徴を知らなかったので写しておきました。意外と葉柄が長く、細鋸歯があるのですね。

ズミの葉は

  下は、湿地のすぐ西側の山に生えている常緑低木の植物ですが、名前は分かりません。前からこの植物の存在を知っていたのですが、名前が分からないのでご紹介しませんでした。今回は、若い葉が出ていましたので写しました。枝先に若葉が出ていますが、その下の茶色っぽいものは実なのでしょうか。どなたか、教えてください。

これは何か???

これは何か???2

  下は、ヤブデマリだと思います。今、作手の各地で見つかります。まだ開花はしていないようです。白い花のように見えるのは、装飾花といって花ではないのです。装飾花の中央にある粒々がつぼみです。

ガマズミの花序が

  下は、ミヤマガマズミではないかと思います。対生の葉の枝先に、花序がついていますが、花芽は平坦になっています。葉の先端が細長く尖っているのも、ガマズミとの違いです。白い花がきれいです。

ミヤマガマズミの花序が

ミヤマガマズミの花は

  そしてここにも、ニガイチゴの白い花がありました。写真に見るように、花の季節はほぼ終わりかけており、少しずつ実がつき始めています。赤い実がなって美味しいそうですが、小さな実は苦味があるそうです。でも食べてみたいですね。

ここにもニガイチゴの花

  オナモミに、まだ枯れた実が付いていました。去年覚えた植物です。ひっつき虫ですね。子どものころ、これを取ってセーターなどを着た友達に投げるとくっつくので面白く、そんな遊びをしたことを覚えています。緑の中に枯れた茶色になっていますので、よく目立ちます。

枯れたオナモミの実が










スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

まとめtyaiました【庄の沢湿地、ハルリンドウは咲いていなかった!】

  長ノ山湿原にハルリンドウを見たので、庄ノ沢湿地にも出ているかもしれないと、庄ノ沢湿地に出かけたついでに周囲を一周の散歩をしました。  庄ノ沢湿地はさらに整備が進み、いろいろの植物に下のような名札(ネームプレート)が付けられていました。植物の素人であ...

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード