FC2ブログ

三河湖周辺を散歩! 山遊里付近の里山が美しい!

    連休も終わって、わが家の前の田んぼに稲が植えられました。とてもきれいです。作手では、ほとんどが連休中に田植えを終わります。もう少し成長すると、田んぼの緑がもっと輝きます。

田んぼに稲が

  連休は息子たちと孫がきていたのですが、その一日を三河湖周辺で過ごしました。下は、三河湖の一番東の方の対岸に渡る橋を写した写真です。新緑がまぶしいくらいですね。そして、川の風景が素晴らしいです。

三河湖の東端付近

  そこに、ウワミズザクラの花序が出ていました。この植物はサクラの仲間なのですが、ソメイヨシノ、ヤマザクラと続いて咲いた後に、この花が咲き始めます。ビンを洗うブラシのような形の真っ白の花が咲くのですが、まだつぼみの粒々が見えます。

ウワミズザクラの花序が

  ここでも、モミジイチゴの白い花が下向きについていました。もうじき黄色い実がなるのを楽しみにしています。今年は多種類あるイチゴ類に大分詳しくなり、すぐに見分けられるようになりました。

モミジイチゴの白い花が

  嬉しいことに、久しぶりにチゴユリに出会いました。山の斜面の下のほうに、たくさん生えていました。作手では、一箇所だけしか生えているところを知りません。なかなか出会えなかったので、嬉しかったのです。柄の長い小さな白い花が下向きにつくのが可愛いですね。

チゴユリが美しい1

チゴユリが美しい2

  さらに三河湖の下流に場所を移して、「山遊里」という施設を訪ねました。というのは、そこで「ソーセージ作り」の実演をさせてくれるというので、そういうことの大好きな息子たちが望んでいたからです。2時間ほどかかってソーセージを作っている間、ぼくはその周辺を散歩しました。とても景色のよい里山風景であったので、前から散歩したいと思っていた場所です。下の写真のように、丘の上の小学校に上る道に、たくさんの鯉のぼりが泳いでいました。

山百合近くの小学校

  下の写真のような里山風景なのです。家々が環境と見事に調和していますね。

美しい里山風景1

美しい里山風景2

  この村の道沿いに、いろいろの種類の草花が咲いていたのですが、その中で特に目を引いたのが下の写真の植物です。これも始めは種類がわからなかったのですが、ようやく判別しました。クサノオウです。名前は知っていたのですが、実物は初めて出会いました。どこにでも生えている雑草ですが、独特の雰囲気のある花ですね。

クサノオウが咲いていた

   「山遊里」という施設の前の農家に、真っ白の花をたくさん付けた樹木がありました。近寄ってみたら、フジの仲間です。帰ってきて図鑑を調べたら、シロバナヤマフジという種類であることがわかりました。栽培種かなあ、と思っていたら違いました。ヤマフジというのは薄紫の色をしているのですが、これは真っ白の花なのです。普通のフジの方が花序が長いこと(長い花になる)、羽状複葉の対になる葉が多い(7~9対)こと、ツルの巻き方は左巻きであることなどで区別できます。ヤマフジのうちでも花が白いものを、シロバナヤマフジと言います。これも初めて出会いました。

シロバナヤマフジが1

シロバナヤマフジが2

  息子たちが作り終えたソーセージを食べさせてもらいましたが、とても美味しいのです。作りたてなのでしょうか、独特の風味があって、味を楽しみました。





スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード