スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イチゴ類がいっぱい!シャクナゲの花が!アカシデの新芽がきれい!

  この連休の後半は、息子夫婦と孫がやってきました。久しぶりの来訪で、四日間、楽しいときを過ごしました。孫も大きくなり、知的にもとても成長していました。嬉しかったです。

  さて、塞ノ神城址一周コースの散歩道の続きです。
  
今、いろいろの種類のイチゴがいっぱい咲いています。下は、クサイチゴでしょう。図鑑によれば、赤い実がなります。我が家の裏山にもたくさん咲いています。三枚の葉のセットが特徴です。これも今年判別できるようになった種ですが、分かってみるといたるところに咲いているのにびっくりしています。

クサイチゴが群生し

  下は、ニガイチゴです。赤い実がなります。

ニガイチゴがいっぱい

  下は、ヘビイチゴの黄色い花です。丸い葉が三裂するのですが、縁がぎざぎざしているのが特徴ですね。これも、いたるところで見かけます。

ヘビイチゴが群生し

  シロモジに葉がでました。小さな黄色い花が最初の咲き、その後から葉が展開します。花はまだ残っていますね。葉が独特の形をしていますので、葉が出れば種のすぐに分かります。

シロモジに葉が出た

  文殊山の頂上に行きました。シャクナゲの花が咲くころかなあ、と思っていたからです。残念ながらまだつぼみでした。山頂のシャクナゲは、正確にはホソバシャクナゲと言います。ホソバシャクナゲは、名のように葉が細いのです。図鑑を調べてびっくりしたのですが、この種は愛知県の東部と静岡県の西部にしか生息していないということです。

ホソバシャクナゲのつぼみが

  北の方に降りていきますと、真っ赤なシャクナゲの花が咲いていました。今度は、葉がひろいので、まさにシャクナゲです。

シャクナゲの真っ赤な花が

  アップしたのが下の写真ですが、たくさんの花が集合して大きな花になっていることが分かります。それにしても、この赤は色鮮やかですね。

シャクナゲの花は


  下の写真のように、シキミが淡い黄色の花を付けていました。今が開花の季節ですが、美しい花ですね。仏事に使う花でもあります。

シキミの花がきれい

  もう一つ感激したのは、アカシデの若葉がとてもきれいだったことです。小さい葉ですが淡い緑の色と、根もとに紅い部分があり、それがきれいなのです。とくに陽の光を浴びた若葉を下から見上げると、見事な美しさです。下の二枚の写真をご覧ください。

アカシデの新芽がきれい

アカシデの新芽は




 

スポンサーサイト

コメント

No title

確かこの日文殊山へ行く坂道で森楽さんの車に会いました。
同乗の妻に今すれ違った車、森楽さん夫婦だったみたい?と
行った覚えがあります。あと5分山の上にいたらお会いできたのに残念です。
毎日拝見させてもらっています。

No title

T&Tさん 文殊山で会えるかもしれなかったのですね。そこはぼくの散歩コースのひとつですので、しばしば出かけます。またお目にかかれるだろうと期待しています。
非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。