スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庭の木々の新緑は美しい! 周辺の雑草の花も美しい!

    うちの玄関前のヤマブキが咲き始めました。黄色い花がきれいです。

山吹の開花が

  シラカバも新芽が出て、雄花が垂れ下がるようになりました。今年は、例年よりも雄花がたくさんついたように思います。。

シラカバの新芽と雄花


  庭のアカシデの大分大きくなりました。それに、新芽が吹き出しました。それが垂れるように出るので、とてもきれいなのです。

アカシデの新芽が

  さて、話は違いますが、これまでおよその説明をしてきたタンポポですが、いまいち写真が悪くわかりにくかったので、再び説明を加えましょう。前にセイヨウタンポポがはびこって、日本の在来種が駆逐されていることをお話しました。顎辺が反り返るのがセイヨウタンポポで、ないのが在来種です。作手の地域を歩いていると、セイヨウタンポポはまだそれほど多くはなく、在来種も多く見られますので、それほど西洋化が進んでいない、つまり田舎だとということになります。
  それも、セイヨウタンポポが多く見られるのは道沿いです。庭の中は在来種でも、県道に出るとセイヨウタンポポが多いのです。おそらく、港から種が車に運ばれて拡散していったのではないかと思います。在来種は、この辺りではカントウタンポポです。下の二枚の写真に見るタンポポは反り返りがありませんので、カントウタンポポということになります。在来種でも、北海道や東北地方ではエゾタンポポがあります。


カントウタンポポは

これもカントウタンポポで

  それに対して、下の写真のタンポポは反り返りがあります。この写真では、右側のほうにある花が終わったものと、左のほうの花がついたものが写っていますが、両方とも反り返りがあるのが分かりますね。

これはセイヨウタンポポで

  この季節、野山を歩いていてしばしば出会うのが下の写真の植物です。紅い小さな花がとてもきれいなのですが、どこにでもあるのです。前から名前を知りたいと思っていたのですが、ようやく分かりました。カラスノエンドウです。羽状複葉の楕円形の丸い葉が特徴的ですね。

カラスノエンドウが

  下は、ニョイスミレでよいと思います。スミレは、花が紫色あるいは薄いピンクなどいろいろですが、白い花弁を持つスミレは少ないように思います。湿ったところを好むようです。

ニョイスミレでは

  下の写真の植物は、ヘビイチゴだと思います。これも最近になって名前を知ったのですが、名前を知ってみると意外と目に付きます。名前を知るということはその植物の特徴を意識することですから、よく目に留まるのです。このごろ、そういう体験を重ねています。

ヘビイチゴだろう

  このごろ、いろいろのチョウが舞い始めています。花の季節になると、とたんにチョウが多くなるのは、彼らの好物の蜜が花にはたくさんあって、それにありつくためなのでしょう。それが同時に、植物の受粉に役に立つわけで、共存共栄です。生物学の用語では、「共生関係」と言いますね。ベニシジミは、小さいですが色が赤いのでとてもよく目立ちます。ベニシジミの食草は、スイバ、キシギシなどだそうです。そういえば、この地域ではスイバはいたるところに生えています。

菜の花にベニシジミが









スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。