FC2ブログ

コウバイもハクバイも満開! ヒメオドリコソウの大群落が!

  村の中心地付近を散歩したとき、下の写真のようにヒメオドリコソウの大群落を見ました。小さな川の土手に一面に生えていたのです。写真の赤紫色のボチボチがそれです。写真のさらに奥の方まで広がっているのです。こんなに広い面積、ヒメオドリコソウが埋め尽くすなんて、見たことがありません。

ヒメオドリコソウが群生し

  そのすぐ近くには、ナズナ(別名、ペンペングサ)の群生が見られました。

ナズナが群生し

  さて、昨日は、午前中に雪が降ったものの、午後には晴れてきてまた散歩に出ました。庭の梅も、コウバイは早くから咲いていたのですが、ハクバイがなかなか咲きませんでした。そのハクバイがようやく見ごろを迎えました。コウバイとハクバイの見事なアンサンブルが見られます。

ハクバイが満開だ

コウバイも満開だ

  山に入ったら、下の写真のようなヤブコウジに出会いました。光沢のある赤い実がきれいですね。

ツルリンドウの赤い実が

  下は下手な写真ですが、クロモジの冬芽を写したつもりです。ぼくはクロモジをあまり知りませんでしたので、確認するために写真を写し、図鑑で確かめました。下の木肌の写真と合わせて、はっきりとクロモジと判定できました。若い枝は緑色で、木肌も緑色っぽい地に白い斑点がついていることから判断しました。

クロモジの冬芽は

クロモジの木肌が

  作手はなだらかな高原状の地形で、高い山はありません。丘陵地と言ったほうが正確でしょう。その丘陵地が谷に刻まれ、奥のほうの隅々まで谷間に田んぼが広がっているのです。散歩したのは手作り村の南のほうですが、歩いたことのない道を行くと、谷の奥のほうに集落があるのです。それが田んぼとなだらかな山と調和して、美しい里山風景を形作っているのです。春や夏はさぞかし美しい風景になっていることでしょうね。

奥の集落の風景

  道端に菜の花が咲き始めていました。岡崎では一月も前から咲いていて今は満開なのに、作手はまだ咲き始めなのですね。

菜の花の咲き始め






スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード