スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hさんの雑木林、ショウジョウバカマがきれいです! ヤギの親子が可愛い!

  昨日の大雨にはびっくりしました。一日中、大雨と強風が荒れ狂いました。寒冷前線の通過ということですが、4月というのにこの台風並みの春の嵐に日本中が翻弄されましたね。作手では、今朝は雪が舞っています。寒いです! うっすらとですが、雪が積もりました。

  その前の日は晴天で暖かく、一日気持ちのよい日でした。岡崎のお蕎麦屋さんのSさん夫妻が訪ねてきて下さったので、午後は一緒に散歩を楽しみました。先ずは、Hさんの雑木林で、たくさんのショウジョウバカマを見ました。湿地のほうの沢沿いにたくさんショウジョウバカマのピンクの花が咲いていたのです。それも、一通りの数ではありません。おそらく数10本以上咲いていたと思われます。



ショウジョウバカマがいっぱい

  ショウジョウバカマは、湿地や水っぽいところを好む草本です。ロゼット状に広げた根生葉が特徴的で、その真ん中から20cmほどの茎(茶色)が立ち上がり、その先にピンクの花を付けるのです。

ショウジョウバカマがきれい

  明るいピンク色のいくつもの花が集合して、放射状に丸くなっています。中から白い先端を持ったおしべと、何本かのピンクの茎を持つめしべが見えます。その全体が実に美しい姿なのですね。

ショウジョウバカマの花は

  それから村の中心地を歩きました。民家の庭先に下の写真のような花を見つけました。ブルーの花弁がとても美しいのです。ぼくは知りませんでしたが、連れ合いがヒヤシンスと教えてくれました。こんなきれいな花だったのですね。早速、図鑑で調べてみたのですが、野生種ではなく栽培種のようで、ぼくの図鑑には載っていませんでした。。

ヒヤシンスがきれい

ヒヤシンスの花は

  近くに、ムスカリも濃いブルーの花を咲かせていました。

ムスカリが咲いた

  ある民家には、ヤギが飼われていました。生まれたばかりのような小さな二匹の子ヤギが母ヤギの乳房をなめていました。それが可愛いのです。ぼくらが近寄ると、母ヤギが心配そうに子ヤギについて回っていました。

ヤギが飼われていた

子ヤギが可愛い

   国道沿いに二本の大きな杉が生えている神社がありました。前から神社があることは知っていたのですが、今回初めて訪ねてみました。白鳥神社という名でした。作手にはいくつか白鳥神社がありますが、そのひとつです。

白鳥神社の大杉が

  写真では、その杉の大きさを表現しきれないのは残念です。幹周りが直径2mほどもあるでしょうか。大きな太い枝が垂れ下がって、とても迫力があります。巨木というのは、なんともいえない威厳と風格を感じますね。

大杉巨木

  その後、Sさん夫妻と、巴山の白髭神社の山に入って、山の風情を楽しみました。楽しいハイキングの一日でした。




スポンサーサイト

コメント

No title

今日は 以前農協の駐車場でお会いしたしげきです
覚えていらっしゃいますか?(笑)
白鳥神社はよく立ち寄り休憩します
連れ合いと腰掛けて昼食なんかも食べますよ
又お会いしたらよろしく。



非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。