スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センブリ探しは失敗! たくさんの赤いアオキの実が美しい!

  岡崎の蕎麦屋さんのSさんから、「森楽さん、前に乾燥したセンブリをいただいたけど、まだあるかなあ? 胃の具合の悪い人がいるので差し上げたいのだけど・・・」と問われて家を探してみたら、量は少ないですが残っていました。差し上げてこようと思います。しかし、量が少ないので、作手のいろいろの場所でセンブリに出会っているので、探せばあるだろうと思って、散歩がてら守義地区の山を歩いてみました。
  昔、センブリが切り割の斜面一面に生えていた場所に行ってみましたが、痕跡も見つかりませんでした。完全に葉を落としているので、形すら識別できません。春になって葉が出た頃に行けばわかるでしょう。でも、久しぶりにこの地域の散歩は楽しかったです。

  道端のヒノキの幹に、常緑のツル植物が這い上がっているのに気がつきました(下の写真)。見たことがない植物です。図鑑を繰ってみたのですが、どうしてもわかりません。スイカズラ属のウグイスカズラと思えるのですが、花などの他の特徴がわからないと同定は難しいです。


常緑ツル植物が

常緑ツル植物が2
  路肩を広げたとことに車を止めて山奥に入ってみたのですが、山が崩れて道をふさぎ、通行止めになっていました。下は、その山が崩れたところです。地肌がむき出しになっています。

山崩れで

  下は、崩れた土砂が道に押し出しているところを写しました。スギが土砂もろともに倒れているのです。
山崩れ現場

  仕方がないので引き返しましたが、道端にヒカゲノカズラが群生しているところがありました。どうやって面的広がっていくのでしょうか。面白い習性ですね。
一面にヒカゲノカズラが

  また、林道にフユイチゴの大きな葉がいたるとことに散らばっていました。11月~1月に来れば、赤いイチゴが食べられたかもしれませんね。


一面にフユイチゴが

  帰りは、ここまで来たのだからついでに木和田のほうに下ってみようと思いました。かなりの距離を下っていったところに、アオキがたくさん生えているところがありました。感激したのは、赤い実が一面に付いていたことでした。その赤い実が、とてもきれいなのです。こんな季節まで実が残っていることに驚いたのです。


赤い実のアオキが1

  実の色は、赤といっても真っ赤ではなく、ややオレンジがかっています。


赤い実のアオキが2

  その場所は渓流沿いのところで、その渓流がとてもきれいで、沢音がさわやかでした。

渓流がさわやか





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。