スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネコヤナギが赤っぽく変化! ヒメオドリコソウとホトケノザとどう違うの?

  久しぶりに、庭のカツラの木に止まったシジュウカラをカメラに収めることが出来ました。しばしばやってくるのですが、なかなかシャッターチャンスがありませんでした。黒いネクタイが可愛いですね。

庭のシダレザクラにシジュウカラ

  昨日は、開成地区を一回りする散歩コースを歩きました。「出会いの丘」からしばらく登ったところに、ネコヤナギの木があり、白い穂が赤く色づいていました。次第に赤みを増してくるのですが、表面の黄色いものは何でしょうか? 植物の季節による変化は面白いですね。 

色づいたネコヤナギの穂1

色づいたネコヤナギの穂2

  だいぶ前にご紹介しましたが、ワルナスビは冬に実が黄色く熟すのです。ウズラの卵大の大きさです。とてもきれいなのです。

ワルナスビの黄色い実を

  ジョウビタキが雑木の中の枝に止まっていました。うまくシャッターチャンスを捉えることができました。

ジョウビタキがいた

  その近くのお宅の庭に、コウバイが咲き始めていました。岡崎とは違って、作手は満開はまだまだです。でも、もうウメの香りが漂っていました。

コウバイがきれいで

  これまでしっかりと見ていなかったのですが、ヒメオドリコソウとホトケノザはとてもよく似ています。この季節に同じようなピンクの花を付けますので、区別がしにくいのです。そこで、図鑑を調べて、ようやくその違いが分かりました。先ず、葉の形は二番目の写真に見るように、ホトケノザの方が葉のぎざぎざが大きいです。花の色も、ホトケノザの方が濃いピンクです。これからの季節、もっとたくさん咲いて群生しますので、とてもきれいなのですね。

ヒメオドリコソウと


  上の写真がヒメオドリコソウで、下の二枚の写真がホトケノザです。

ホトケノザとは1

ホトケノザとは2

  これまで、この地方のアセビをご紹介していますが、今が満開で、とてもきれいです。これまではピンクの花をお見せしましたが、今回は真っ白の花をご覧に入れます。これも清楚できれいですね。同じ種なのに、こんなに花の色が違うなんて、びっくりしますね。

真っ白のアセビの花

  毎日1時間の散歩と決め手から一月半が経ちました。雨の日も雪の日も、毎日別の場所を歩いていますので、今日はどこを歩こうかと思い迷うほどです。新しい散歩道を開拓するのも楽しいものです。おかげで、作手の村の隅々まで様子がわかるようになりました。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

まとめteみた【雑木林で森を楽しむ!】

  久しぶりに、庭のカツラの木に止まったシジュウカラをカメラに収めることが出来ました。しばしばやってくるのですが、なかなかシャッターチャンスがありませんでした。黒いネクタイが可愛いですね。  昨日は、開成地区を一回りする散歩コースを歩きました。「出会い...

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。