スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hさん宅で小鳥を観察! アトリ、メジロ、シジュウカラ、ヤマガラ!

   3月5日はぼくの誕生日。ちょうど70歳になりました。70の大台に乗ってしまったのです。いつになっても歳は取りたくないのですが、しかし、これまでこんなに幸せに生きてこれたことを感謝しなければいけませんね。その日、Hさん夫妻が偶然訪ねてきてくださり、ぼくの誕生日を祝ってくださいました。楽しい語らいのひと時を過ごしましたが、その話の中で、Hさん宅の庭にたくさんの小鳥たちが来るという話しになりました。そこで昨日は、Hさん宅の小鳥たちを見に行くことになったのです。

  Hさんの雑木林には、驚くほどたくさんの種類の小鳥たちが飛来するのです。ぼくの家の周辺ではまったく見られないような小鳥も来るのです。アカゲラ、アオゲラ、フクロウなんて見たこともありませんが、それらも来ると言います。今来ているのは、メジロ、シジュウカラ、ヤマガラ、アトリ、アオゲラ、カワラヒワ、ミヤマホオジロだそうです。雑木林の中には、いろいろの大きさの巣箱が設置されています。そして、今から見る庭に餌台が置いてあって、いつもバードケーキが置いてありますし、庭の地べたにはヒマワリの種が撒いてあります。そこに小鳥たちが降りてくるのです。種類が豊富なのは、すばらしいですね。

  下は、メジロです。しばしば見かける小鳥ですが、ここに舞い降りたメジロはとくにその緑色が鮮やかなように思います。目の周りが白いのは、可愛いですね。

色鮮やかなメジロ1

色鮮やかなメジロ2

  下は、アトリです。ぼくはアトリを見るのは初めてで、わくわくしました。オレンジと黒のコントラストが見事で、きれいな小鳥ですね。10数羽の集団でやってきて地表に降りて餌をついばんでいたところを撮ったのが下の写真です。集団で行動することが多いようです。場合によっては数100羽もの集団になることもあると聞いています。

アトリが二羽1

アトリが二羽2

  ところが、室内からぼくらが写真を写しているのに気がついたのか、すぐに雑木林の樹木の上に上がってしまい、なかなか降りてきません。それが下の写真です。

枝の上のアトリ

  餌台には、ひっきりなしにシジュウカラとヤマガラが降りてきます。それに、時々メジロがやってくるのです。シジュウカラとヤマガラはこれまでにしばしばこのブログでご紹介しました。可愛いですね。シジュウカラは、ヤマブキの藪の中に撒いた餌をついばんでいました。

ヤマガラ一羽

ヤマブキの藪にシジュウカラ

  今回は1時間少々の観察でしたが、もっと粘っていればカワラヒワやミヤマホオジロにも出会えたかもしれません。Hさんの連れ合いさんはこんなことを言っていました、「小鳥たちは地表に落ちている植物の小さな種を食べているわけですが、あんなに小さいものを高い樹木のうえから見つけ出して食べに来るのですから、よぼど目が良いのか、彼らの目には餌の種は金色に輝いているのかもしれない。」と。そうかもしれません。面白い着眼ですね。Hさん夫妻には、「また小鳥たちを見にお訪ねします」と言って、お別れしました。楽しいひと時でした。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。