スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョウビタキが可愛い! ムラサキシキブ、ウメモドキの冬芽は! ヤブコウジを始めて見た!

   わが庭には、毎日のようにジョウビタキがやってきます。つがいで来ることが多いです。おそらく、裏山に実のなる樹木が多いので、そのえさを求めてやってくるのだと思っています。ウメモドキ、ヤブムラサキ、ヤブラン、ヒサカキ、マンリョウなど今年は実がたくさん生りました。ジョウビタキは意外に人懐っこいのです。かなり近づいても逃げません。大きく膨らんだオレンジ色のお腹とそのしぐさが可愛いのですね。

ジョウビタキが止まった1

ジョウビタキが止まった2

  近所に散歩に出たときに、ムラサキシキブに実がたくさんついていたのですが、その冬芽を写したのが下の写真です。横に枝を伸ばしているところの冬芽は、どういうわけか上に向いているのです。紡錘型で先がとがった白っぽい冬芽が特徴的ですね。

ムラサキシキブの実と冬芽

ムラサキシキブの冬芽が

  ウメモドキはまだたくさんの赤い実を付けていますが、なかなか冬芽を写せませんでした。下が、その冬芽の写真です。頂芽が二つに分かれているのが特徴のようですが、目だった特徴はありませんね。まだ実がついています。

ウメモドキの冬芽がきれい

  緑色のきれいなヤママユを見つけました。底に小さな穴が開いています。なかにヤママユガの幼虫がいるのですね。垂れ下がっている枝の冬芽が見えますが、なんという種類の樹木の冬芽か、わかりません。

緑色のヤママユ

  下の写真には、三種類のつる植物の実がなっています。それもたくさんです。黒い実はわかるでしょうか。スイカズラの実ですね。オレンジ色の実が写真の中央にたくさんあるのがわかるでしょうか。ヘクソカズラの実です。そして、たくさんの真っ赤な実がまとまって見えますが、その種は分かりません。

たくさんのつる植物の実

  その種がわからない赤い実を写したのが下の写真です。つる植物が絡み合ってしまった、赤い実のツルから出ている葉が分からないので、種を特定できないのです。つる植物ではなく、木の実かもしれません。

この実は何?

  ヤブコウジを初めて見ました。名前は聞いていたのですが、連れ合いが知っていたのです。高さが20cmにも満たない常緑の小低木ですが、真っ赤な実を付けます。分厚い緑の葉で鋸歯が明瞭です。

ヤブコウジの赤い実が

  意外なところに、ニシキギが生えていました。どこでも見かかる種ではないので、驚いたのです。一枚だけ紅葉した葉がついていましたが、特徴的な翼が付いてて、ニシキギと分かりました。枝先の冬芽も特徴がありますね。

ニシキギの冬芽は







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。