FC2ブログ

再び落葉樹の冬芽をご紹介、カラマツ、レンギョウ、サルナシ、ネジキ、ハンノキ!

  東京に上京することになり、二日ほど家を空けました。悲しみの葬儀でした。  
  さて、再び、落葉樹の冬芽をご紹介します。
  下は、庭に植えたカラマツの冬芽を写したものです。幹から生えた細い茶色の枝に、たくさんの葉芽がついています。


カラマツの冬芽です

  これも庭に植えたレンギョウです。春には黄色い花がたくさん咲くのですが、秋にはこのように暗赤色にに紅葉するのですね。

レンギョウの紅葉が

  レンギョウの冬芽が下です。あまりはっきりとした葉芽も花芽のありませんね。

レンギョウの冬芽は

  下は、Hさん宅前の長命湿地の入り口にあるサルナシの写真です。とても珍しい植物で、作手では二つの地点で見ただけです。ツル植物で、大きな木に絡みつきます。実がキウイフルーツのような味がして、とても美味しいそうです。

サルナシの冬の姿

  そのサルナシの冬芽が下の写真です。ずいぶんと冬芽が丸くて大きく、ごつい感じがしますね。枝先は赤っぽいのが特徴でしょうか。

サルナシの冬芽は

  前にもご紹介しましたが、長命湿地の入り口にネジキの真っ赤な枝先が見えていました。鮮やかに真っ赤な枝先が実に美しいのです。こんなに美しい枝先の冬芽は、見たことがありません。

ンrジキの紅い冬芽がきれい

  アップすると、下の写真のようなのです。感動ですね!

真っ赤なネジキの冬芽が

  長命湿地にはたくさんのハンノキが生えています。その幹を写したのが下の写真ですが、堀の深い縦皺です。写真には、細いですがツタウルシの幹が見えます。

ハンノキの幹が

  これまで何度も見ているのに、ハンノキの実は樹冠の付近に密集していて、下のほうには余り付いていないことに気づきませんでした。

ハンノキの樹冠付近に実が集中

  そのハンノキの冬芽が下の写真です。枝先の三本の冬芽は花芽で、それが特徴のようです。枝の脇から丸いものが見えますが、それが枝になる芽です。

ハンノキの冬芽が




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード