スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落葉樹の冬芽、鬼久保広場で観察しました! ウリカエデの冬芽がきれい!

  庭の植物の冬芽を紹介していましたが、その続きです。冬芽だけ写真を撮っても、植物の見当も付けられませんので、あまり注目しない幹の顔つきを一緒に紹介するようにします。
  下は、シラカバです。幹が白いことはどなたも知っていますね。横筋が入っているのも特徴ですね。


シラカバの幹がきれい

  その冬芽が下の写真です。枝の先端に、二股になった花芽がついています。春になると、そこに黄色い花を付けるのですね。一般的な花芽とは大分違います。

シラカバの冬芽は

  下の写真は、ウリカエデの幹です。やや緑色がかった幹で、たて筋が入っています。

ウリカエデの幹が

  ウリカエデの冬芽が下の写真です。赤茶色の幹と冬芽がとてもきれいです。先端の花芽がきれいですし、見事なデザインですね。実際には、枝の太さは1mmくらいで、とても小さなものです。

ウリカエデの冬芽がきれい

  わが庭にはもっとたくさん落葉樹があるのですが、うまく撮れなかったこともあり、樹木の種類が多く見られる鬼久保広場に出かけてみました。コナラの黄葉がきれいでした。下の写真は、大きなコナラの木の黄葉とマツの緑の対照が美しかったので写しました。

鬼久保広場のコナラ紅葉

  駐車場の脇のイロハモミジは、見事に真っ赤に色づいていました。

真っ赤なイトハモミジ

  おなじコナラといっても、色合いは微妙に異なります。右はやや黄色っぽい色で、左はやや茶色っぽいです。青空に映えてきれいですね。

コナラの紅葉がまぶしい

  がたくさんなっていました。この下記は、実がとても小さいのです。こんな小さなカキもあるのですね。もちろん自生しているカキで、おそらく渋柿でしょう。誰も取らないのですね。

小さい柿が

  オオバヤシャブシが枯れかかっていました。

オオバヤシャブシの枯れた姿

  オオバヤシャブシの冬芽が下の写真です。頂芽は黄緑色で尖った楕円形、花芽は下の方についています。その芽麟がたくさんあるようです。

オオバヤシャブシの冬芽は


  この続きは、次回にしましょう。
  これから冬に入ると、植物は冬眠してしまい、花もなく葉を落としてしまいますので、観察すべきことが少なくなってしまうのです。ということは、このブログのネタ切れということになります。でも、冬芽は冬にしか観察できませんので、好都合なのですね。今後、しばしば取り上げることになるだろうと思います。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。