スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葦毛湿原の秋の草花、シラタマホシクサ、ミミカキグサ、スイラン ヤマラッキョウがきれいでした!

  11月4日に、豊橋市の東の方にある葦毛湿原(いもうしつげん)の秋の植物を見に行きました。シラタマホシクサを見たかったからです。去年訪れたときの感動が忘れられなかったのです。
  やはり、見事というほかありません。一面に小さな白い玉のような花が群生する景色は、まるで天の川の星空を連想させます。白い花の密度が濃い場所と薄い場所があって、それが銀河を連想させるのでしょう。


シラタマホシクサが銀河のよう

  三河地方にはたくさんの湿原がありますが、シラタマホシクサを見たのはこの湿原以外にはありません。貴重なものですね。

シラタマホシクサの群生が

  ちょっとピントが甘かった写真ですが、小さなミミカキグサの黄色い花も咲いていました。

ミミカキグサが群生

  スイランも咲いていました。他の湿地でも、あまり見たことのない植物です。群生するときれいです。

スイランがきれい1

  下の写真では、シラタマホシクサと一緒に写っています。

スイランがきれい2

  イワショウブも咲いていました。小谷村の栂池自然園にいっぱい咲いていたのを思い出します。花は終わりかけていました。花が終わると、下の写真のように赤い色になるのです。それがまた、きれいですね。

イワショウブがあった

  感激したのは、ヤマラッキョウを見ることが出来たことです。ぼくの大好きな花です。これもほぼ終わりかけていましたが、そのうちのまだ花が残っているものを写しました。茎の先に放射状に花序が出て、その先端にピンクの花がつくのです。その色も、薄いピンクと濃いピンク色とがあるのです。花弁の中からおしべとめしべが飛び出しているのが可愛いですね。なんという美しさでしょうか。

ヤマラッキョウがきれい

ヤマラッキョウがきれい2

  ラッキーだったのは、ホソバリンドウの花に出会えたことです。ラッキーと言ったのは、一輪だけしか見ることが出来なかったからです。花が終わりかけていたのです。名の通り、山に生えている普通のリンドウよりも葉が細いのです。清楚な美しさですね。

ホソバリンドウが1

ホソバリンドウが2

  今回は湿原にしか生息しない植物をご紹介しましたが、次回は湿地以外で見た植物などをご紹介します。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。