スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホテルの近くの森の植物たち、展望台からの海岸の景色が美しかった!

  先回、休暇村陸中宮古の近くの森は、カエデ類が多いとお話しましたが、もうひとつありました。大きな木で上を向いて写したのが下の写真です。おそらくハウチワカエデ、あるいはコハウチワカエデではないかと思います。いずれも9裂する葉が特徴です。近寄ってみればどちらかが分かると思いますが、・・・・。葉の形が美しいですし、真っ赤に紅葉するのです。作手では、コハウチワカエデの紅葉を見たことがあります。きれいでした。

ハウチワカエデが見られた

  大きな葉で、変わった形の葉を持つ植物がありました。下の写真の植物は何というのでしょうか。これも分かりません。丸い葉の植物も写っていますが、種類は分かりません。

6裂する葉の植物?

  下の写真の植物は、クロモジです。葉の下部がクサビ状になっていること、枝の先の葉が束生していること、枝や幹が黒いことなどから判断しました。真っ黒の実が付くのですが、秋なのにまだ付いていませんね。いつつくのでしょうか。

クロモジがあった

  下は、アキノキリンソウです。まさにどこにもあるのですね。

アキノキリンソウがあった

  ムラサキシキブが、赤紫の実をいっぱいつけていました。きれいです。

ムラサキシキブがここにも

  写真を写しながら10分ほど歩いたところに、展望台がありました。そこからの海岸の景色が美しいこと! 驚きの声を上げました。海蝕崖がずっとむこうまで見えます。太平洋の荒波がぶつかって、美しい海岸の断崖を作るのですね。海岸にアカマツがたくさん生えていますが、陸中の海岸はどこでもアカマツが生えています。海岸は荒波のときの潮風の塩分で、塩分に弱い他の植物が育ちにくいのかもしれません。アカマツは環境耐性の強い植物で、乾燥にも塩分にも強いのですね。

展望台からの景色1

  向こうの岬も断崖が続きますが、生えている植物はアカマツだと思います。

展望台からの景色2

  下の写真のように、手前の岸の植物が枯れています。おそらく、津波をかぶったのではないかと思います。それ以外の理由は考えられません。

マツが枯れている

  下の写真は、チゴユリに実が付いたところを写しました。1個しか付かないのでしょうか。こんな黒い実が付くなんて知りませんでした。葉がきれいですね。

チゴユリの黒い実が

  もう枯れていますが、ハバヤマボクチが生えていました。アザミの仲間ですね。

ハバヤマボクチがあった





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。