スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三河湖生活環境保全林、コウヤボウキの花に感激!

バアソブの花が咲いていた

  これまでのご紹介でもお分かりのように、三河湖の南岸は植物の種類が豊富ですね。その意味で面白いところです。ご紹介を続けましょう。
  上は、バアソブです。かなり大き目の下向きの花で、花弁が反り返っているのが面白いですね。ソブというのは長野県木曽地方で「ソバカス」という意味だそうで、花の内側の斑点をお婆さんの顔のそばかすにたとえたと言います。
  下は、ヨウシュヤマゴボウの実です。ここに、大きなヨウシュヤマゴボウがありました。茎が赤くて、とてもきれいなのです。実は黒くなるのですね。昔、子どもの頃、実をつぶすと赤紫の液が出て、手が紅く染まったことを思い出します。


ヨウシュヤマゴボウの黒い実

  下は、イタドリの実です。ものすごく大きく成長する草本で、始末に困る草ですが、花も実もきれいです。白い花のように見えて、これは実なのです。中に種が透けて見えますね。

イタドリの白い花のような実が

   下は、タマアジサイでしょう。葉が大きくて淡い紫色の花が咲きます。今は実がついていますが、・・・・。
タマアジサイだろう

  サルトリイバラが赤い実をつけていました。名前の通り、また下の写真に見られるとおり、イバラのトゲが痛いのです。ツル植物で、写真のような赤い実を付けます。

ソヨゴに赤い実が

  これは、新しく覚えた植物です。コウヤボウキと言います。名前は聞いたことがあるのですが、実際に見たのは初めてです。花が美しいですね。花の下の葉に、緑色のクモが写っていました。ワカバグモだと思います。葉の上に止まっていることが多いそうです。

コウヤボウキの花がきれい

  下の写真のヤマボウシの葉に止まっていたガは、見たことがありません。調べたところ、一番近いのはシロヒトリというヒトリガの仲間ではないかと思います。

シロヒトリ?がいた

  山のほうを歩いたら、花崗岩の大きな岩肌に、灰青色のコケが張り付いていました。見たことがありません。もともと、蘚苔類は全くわからないのです。  

岩肌にコケが

  下の写真の植物も分かりませんでした。樹木に詳しい近所のHさんに教えていただいて、クロモジと分かりました。春には、シロモジと同じような黄色い小さな花を付けるそうです。そして、秋が深まると黒い実がつくと言います。これから実がつくのでしょう。黒い実と黄色く紅葉する葉とが美しいのだそうです。木肌は黒っぽく、清々しい香りがするので、爪楊枝などにしますね。

クロモジの葉が

  木肌は、下の写真のようです。黒っぽい地肌に白い斑点がたくさんあります。

クロモジの幹が






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。