FC2ブログ

再び庄の沢湿地へ!

  日曜日の夕方、ふたたび庄の沢湿地を訪れました。これまでの記録を見ると、6月25,26日、7月9日、21日、22日、8月12日とご紹介しています。先回、サワギキョウが咲き始めていましたので、もっとたくさん咲いているのではないかと思ったからです。確かに咲いていました。でも、まだ満開ではないようです。

サワギキョウ1

  下の写真のように、ミズギクが一面に咲いていました。これだけたくさん咲いていると、見事ですね。 

一面のミズギク

  サギソウも、まだいっぱい咲いていました。黄色のミズギクと白のサギソウがきれいです。写真の左上の方に、うす紫色をした小さな花が咲いていました。なんという種なのでしょうか、分かりません。

サギソウとミズギク

   下は、湿地に咲いたコオニユリです。紅色に黒い斑点、反り返った花弁に突き出しためしべ、という姿が独特ですね。

湿地の咲いたコオニユリ

  下は何と言う花なのでしょうか。ちょっとボケていますが、白い花房がとてもきれいです。茎がとても堅いのです。ウェッブサイトで調べたところ、ヤブジラミにとてもよく似ているのですが、ホントでしょうか?

LLLL

  下の写真のような花も咲いていました。細長い規則正しい対生の葉と、その付け根に白い小さな花が着いています。姿かたちが美しいのですが、花の名前は分かりません。と書いたのですが、図鑑を調べていたらそれらしきものを見つけました。水田や湿地に生えるホソバヒメミソハギではないかと思います。それは、熱帯アメリカから来た植物だそうです。 と書いたのですが、違うようです。別の図鑑では、ヒメシロネという湿地に生える植物だそうです。
  湿地には、珍しい植物が多いのですね。何種類くらいの植物があるのでしょうか。この花も、名前が分かったら教えてくださいね。

UUUUUU

  下のようなチョウもいました。おそらく、ツマグロヒョウモンのオスだと思います。まだ咲いていないサワギキョウのつぼみに止まっています。実に美しいチョウですね。感動してしまいます。 

ツマグロヒョウモンのオス

 

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード