スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和光樹林公園のハナミズキに赤い実がなってきれいでした!、

  東京練馬、大泉学園の兄の家に、もう何十年かぶりに遊びに行きました。先週の木曜日と金曜日です。ぼくのすぐ上の兄で、学年が1年上。ぼくは小さい頃は体が弱く、したがっていつも友達からいじめられていたのですが、この兄が何かにつけもぼくをかばってくれたのです。兄は体が大きく強かったので、「弟をいじめたら、俺が許さんぞ!」と言ってかばってくれた、というわけです。ぼくにとっては、頼りになるお兄ちゃんでした。連れ合いと二人で泊めていただいて、楽しく積もる話をしてきました。嬉しかったです。
  その翌日は、練馬区の中央総合公園埼玉県の和光樹林公園が良いところなので、そこにいくとよいと教えてもらって、案内までしていただきました。そこで出会った植物や昆虫をご紹介しましょう。
  下は、中央総合公園の芝生の広場です。良く整備された広い公園で、たくさんの家族連れが来ていました。


練馬区中央総合公園

  保育園児が先生に連れられて、遊びに来ていました。赤っぽい背後の樹木は、サクラです。もう紅葉が始まっているのですね。  

桜の公園

  練馬の中央総合公園と埼玉県営の和光樹林公園とは隣り合っているのです。樹林公園のほうは、まさに自然のままの樹林を大事にした公園です。でも、数年前から樹林を大規模に伐採し、草地を広げましたので、自然のままというわけではありません。でも、たくさんの種類の樹木が生えていて、下の写真のように気持ちのよい森でした。

県営和光樹林公園

  樹林公園に入ってすぐに目に付いたのが、赤く染まった樹木でした。始めは何か分からなかったのですが、近づいてみると、赤いのは実だったのです。ハナミズキでした。真っ赤な実がたくさんついているために、樹木が赤っぽく見えたのです。葉が紅葉したわけではありません。

ハナミズキが赤い

  実は、下の写真のようにびっしりとたくさんついていました。たわわに実るとはこのことを言うのでしょう。

ハナミズキの赤い実1

  アップしてみますと、実は楕円形で、先が黒くなっているのです。数個がまとまっていますので、赤の色が目立つのですね。

ハナミズキの赤い実2

  園内にはサクラの木が多いので、サクラのシーズンは実に美しいのだそうです。下の写真のように、季節はずれのサクラの花が咲いていました。シキザクラなのでしょうか? ところで、サクラと言っても何十種類もありますね。なのに、樹木のプレートには「さくら」としか書かれていないのです。公園の樹木管理のあり方に疑問を感じますね。

桜の狂い咲き?

  ヒガンバナがあちこちに咲いていました。大部分は赤いヒガンバナでしたが、下のように白いヒガンバナがありました。聞いていましたが、ぼくは白いヒガンバナは初めて見ました。

白いヒガンバナが

  下の赤っぽいには、何だと思われますか? コブシの実なのです。コブシは、春に白い大きな花を付けますが、実はこんなふうな姿をしているのですね。ぼくははじめて見ました。実は、写真のように10数個がくっつきあっているのです。こんな実は見たことがありません。

コブシの実が

  下は、マユミの実です。花は見たことがありますが、実を見たのは初めてです。オレンジ色で、面白い形をしていますね。

マユミの実が





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。