スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマボウシの実は面白い形ですね!

    いつもの散歩道の続きです。
  実りの秋の話でしたが、それに続きます。下は、ヤマボウシの実です。夏は真っ白い花がつくのですが、秋にこんな実をつけるなんて知りませんでした。形が面白いですね。直径2cmほどもあるかなり大きな玉で、ゴルフのぼーるみたいなイボイボがついていているのです。まだ白っぽい色をしてものもありますが、紅い色をしていつのです。


ヤマボウシの実が1

ヤマボウシの実が2

  開成地区の集落に行きますと、道端にヒガンバナが列を成して咲いていました。まさに秋の風景ですね。

道端にヒガンバナ

  下は、フジバカマだろうと思います。薄いピンクの色が一般的ですが、白い花もあるのですね。

フジバカマの花が

  下は、ルリシジミだと思いますが、この季節になると羽が大分欠けていて、哀れですね。春や夏の間に、鳥にでも食いちぎられたのでしょう。

ルリシジミ?

  下の写真のブルーの実を付けた植物は何でしょうか。分かりません。ツル植物のようです。こんな特徴的な実を付ける植物なのですから、分かりそうなのですが、見つかりません。
  
と書きましたが、後からアオツブラフジと分かりました。

分からん

  道端に、イヌタデが咲き始めました。別名アカマンマとも言いますね。アカマンマとは、女の子がままごとで赤飯に見立てて遊ぶことから、その名がついたといいます。群生することが多く、草原が赤く色づくのは良い景色です。

イヌタデがきれい

  下は、ツリガネニンジンだろうと思います。なぜニンジンと呼ぶのでしょうか?  

ツリガネニンジンが咲いていた3




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

最速!ゴルフ7日間シングルプログラム

雑誌で話題の小原大二郎プロによる最短最速ゴルフ上達プログラムです。5ラウンド以内に100を切れなかったら全額返金!飛距離アップ、スライスやダフリも簡単に修正!たった3年間で189人の教え子を全員シングルに導いたカリスマ・小原大二郎の7日間プログラムです。

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。