スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庄ノ沢湿地ではミズギクが終わりかけ、サワギキョウが咲き始めました! ウメモドキ、ススキがきれいです!

    台風で二、三日外出できませんでした。雨は上がっても野山はぬれていますので、長命湿地の草刈などしたら衣服がずぶぬれになると思って止め、今日は、庄ノ沢湿地およびその奥のほうの林道に散歩に出ました。台風一過で、さわやかな秋風で、涼しいくらいでした。
  
  庄ノ沢湿地では、長命湿地と同じようにキセルアザミがたくさん咲いていました。アップしてみて気づいたのですが。花の前面に突き出している毛のようなものの先端が、濃い紫色をしているのです。これまで気がつきませんでしたが、それがとてもきれいなのです。


キセルアザミが美

  サワギキョウが咲き始めていました。下の写真のように、花はまだ小さく、たくさんの花はついていません。もっと大きく咲いてから、写真を撮りたいと思います。

サワギキョウが小さい

  ミズギクは、すでに終わりかけていました。下の写真で黒っぽくなったものは花が終わった残りです。前回お見せした一面のミズギクの群生は見事でしたが、・・・・。

ミズギクが終わる

  ところで、今はタラノキの花が真っ盛りです。タラノキの花は、花序がとても大きくて、花が白いので、とてもよく目立ちます。大きさは花だけで背丈が50cm以上あります。

タラノキの花が大きい

  暗い森を背景にするのと、下のように青空を背景にするのとでは、印象がかなり違いますね。

タラノキの花が大きい2

  湿地の奥のほうの林道を歩きました。台風のために、大分山は荒れていました。そこに、ウメモドキに赤い実がたくさんついていました。まだ赤くなりきっていない個体もありましたので、赤くなったのは最近でしょう。鈴なりに実がつくと、木全体が赤くなって、とてもきれいです。

ウメモドキが赤い1

  そばによって実をアップして写しました。きれいですね。

ウメモドキが赤い2

  それから、ススキが良く目立ちました。秋になったのですね。下の写真のススキは、穂が白っぽいですね。

ススキがきれい1

  それに比べると、下のススキは赤っぽい色をしているのです。いろいろと観察していると、穂の出始めは白っぽいのですが、成長してくると赤っぽくなるようです。ススキが群生していて白い穂が揺れる風景は、秋の風物詩ですね。

ススキがきれい2

  夏中、ヤマハギが小さな赤い花を付けていましたが、今は花はしぼみ、下の写真のような実が付いていました。実を見たのは初めてです。

ヤマハギの実が

  下の花を見て、少々驚きました。ヤマハハコの花が咲いていたのです。作手では僕はほとんど見たことがなかった植物です。栂池自然園に行ったときにたくさん見たので、高山植物ではないかと思っていたのです。ぼくが驚いた理由が分かっていただけたでしょうか。この地方では、とても珍しい種なのですね。

ヤマハハコが咲いていた1

  この続きは次回にしましょう。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。