FC2ブログ

長命湿地はキセルアザミがいっぱい! ムラサキシキブの実がきれい!

  また、台風の来襲ですね。紀伊半島の土砂ダムの決壊が心配です。何とか、人の死だけは免れることになってほしいです。稲刈りが始まる時期に、台風の大雨で収穫が遅れますね。農家の方々は恨めしい思いでいることでしょう。

  久しぶりに長命湿地のことを書きます。このところ長命湿地のことを書きませんでしたが、まったく行っていなかった訳ではありません。10日ほど前から、少しずつ長命湿地の草刈りをしていました。というのは、真夏の間、強烈な日射で雑草が生い茂り、道が通りにくくなるほどでした。また、台風もあってコナラの大木が倒れ、それにかかっていたフジの木が落ちてきて道をふさいでしまっていました。それは、のこぎりと剪定ばさみで、何とか修復しました。
  先ずは、木道の周囲の草刈りから始めました。というのは、木道が見えなくなるくらい草が生い茂っていたからです。ヨシがすごいのです。ぼくらの背丈よりも大きくなって、それがびっしりと生えるのです。この季節に刈っておかないと、穂が出てしまい、種が散布されてしまいますので、来年はもっとたくさん生えてくるのではないかと思ったからです。本当はもっと早く刈りたかったのですが、もうすでに穂が出かかっています。まだ暑いので、作業は早朝です。ですから、朝日が低い角度で当たりますので、下の写真のように、日が当たらないところが暗くなってしまいます。ようやく木道の周りの草刈りが済んだところです。真ん中のほうはまだ済んでいません。


湿地の草刈り1

  下の写真も、木道の周りがきれいにされたところです。写真に写っていますが、クモの巣がとてもきれいなのです。東の方を向いて写しているのですが、逆光になりますのでクモの巣が白く輝いて見えるのです。それが実に美しいのです。面白い発見をしたのですが、逆光でないと白く輝いて見えることはありません。

湿地の草刈り2

  大きなクモの巣がたくさんありました。よほどたくさんの餌(昆虫)が豊富にいるのでしょう。大部分はコガネグモで、ジョロウグモの巣もありました。巣の大きさも、大小さまざまでした。

クモの巣1

クモの巣2

  今は、木道の周りの草刈りが終わりまして、真ん中の方まで草刈りをしています。木道の周りもそうなのですが、美しい草花が咲いているところは刈るのがもったいなくなり、なるべく駆らないようにしています。今、ムラサキシキブが紫色の実をたくさん付け、とても美しいのです。下の写真のように、たくさんの実がつきます。それが分かるでしょうか。とくに、湿地の南西部の地域は、20本くらいの低いムラサキシキブの藪がありますので、全体が美しい紫色に染まるという感じです。こういうところは刈れなくなってしまいます。

ムラサキシキブが美しい1

ムラサキシキブが美しい2

  今、キセルアザミが今たくさん咲いています。数が多いのでとてもきれいです。下の写真のようなつぼみがたくさんありますので、これからしばらくはアザミの美しさを楽しむことができるでしょう。こういうつぼみでも、刈れなくなってしまいますね。

キセルアザミが美しい

  たくさん咲いているキセルアザミの花に、チョウが蜜を吸いに来ていました。キセルアザミは湿地にしか生えない種で、頭を垂れる姿がキセルに似ていることから付けられた名前ですね。別名、マアザミとも言います。明るい紫色が素敵です。

キセルアザミとヒョウモンチョウ

  上の写真のチョウも、下の写真のチョウも同じ種で、おそらくウラギンスジヒョウモンというヒョウモンチョウの仲間だろうと思います。あるいはウラギンヒョウモンかもしれません。ぼくは始めてみるチョウです。下のチョウは、羽の下のほうがちぎられていますね。鳥にでも食われたのかもしれませんね。

ウラギンスジヒョウモンが

  長命湿地の西側の道路沿いに、大きなミズキが生えています。そのミズキに、赤い実が生り始めました。まだそれほど赤くはなっていませんね。

ミズキの実が赤く

  今、この湿地では、ツクツクホウシというセミがいっぱい鳴いています。また、モズがけたたましい鳴き声を響かせています。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード