FC2ブログ

モンキアゲハ、ミヤマカラスアゲハがノリウツギの花に!長ノ山湿原にサギソウ、サワギキョウが!

  今、わが家の裏山の水路沿いに、ノリウツギが満開です。それをめがけて、いろいろの種類の昆虫がやってきます。この日は、珍しいチョウが舞ってきました。下は、モンキアゲハです。黒地に白い斑点が目立つ羽を持っているので、分かりやすいです。ぼくは作手ではほとんど見たことがありません。アゲハチョウの類は、いつも羽を動かしているので、写真が撮りにくいです。どうしてもピンボケになってしまいます。ご容赦ください。

モンキアゲハが1

モンキアゲハが2

  そのうちに、ブルーのきれいな羽を持つチョウが現れました。おそらく、ミヤマカラスアゲハだろうと思いますが、カラスアゲハかもしれません。あまりの美しさに、感動してしまいます。

ミヤマカラスアゲハか?1

ミヤマカラスアゲハか?2

  長ノ山湿原に行ってみました。いきなり、シマヘビの大きいのに出会いました。穴から出てきたばかりのようです。蛇は気味が悪いですが、よく見ると美しいですよ。

シマヘビがいた

  下は、ミズオトギリのつぼみです。これも、湿地にしか見られない植物です。

ミズオトギリがーつぼみ

  サワギキョウが咲いていました。何度見ても、姿かたち、色合いが美しいですね。

サワギキョウがきれい

  ミズギボウシも、咲いていました。これも、サワギキョウと同じように、湿地にしか咲かない花ですね。

ミズギボウシが咲いた2

  サギソウも咲いていました。真っ白の美しい形の花ですね。これも、湿地にしか咲かない花です。しかし、真っ白の花は、直射日光の下では光を反射してしまい、ハレーションを起こしてしまってうまく撮れません。今まで、うまく撮れたためしがありません。

サギソウがわずか

  下は、ヒメシロネが風で倒れて横になっているところを写した写真です。70~80cmくらいの背丈になりますので、風に吹かれて寝てしまったのでしょう。

ヒメシロネが寝ている

  下は、サワシロギクの群生しているところを写したものです。サワシロギクは、とくに酸性の水の湿地に生えます。貧栄養湿地は、泥炭地特有のかなり強い酸性の水質となります。だからサワシロギクがよく育つのですね。

サワシロギクが群生して






スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード