スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浮島湿原のモミジカラマツソウ、ヒオウギアヤメ イブキトラノオがきれいでした!

    台風以降、急に涼しくなってきましたね。作手では、朝が寒いくらいで、長袖に軽いジャンパーを着込んでいます。日中はかなり暑くなりますが、30℃を超えることはありません。昨日の午後は用事で新城に下りましたが、そこでは30℃もあったのに、作手に上がってきたら、23℃でした。驚いています。
  減量も順調に推移しています。68kgの前半をキープしています。しかし、67kg台にはなかなか達しません。気長に考えないといけませんね。裸足散歩も、体操も毎日欠かさず実行しています。裸足散歩は寒くなって早朝は足が冷たいです。腹筋、背筋は40回を軽くできるようになりましたし、腕立て伏せも30回できるようになりました。スクワットも毎日100回を続けています。少しずつ回数を増やしているのですが、できるようになることが嬉しいのです。これら実行してみて、記録を付けながら、毎日定量を持続することが大事であることを実感しています。


  ところで、栂池自然園の浮島湿原をご紹介していました。その続きをお話しましょう。
  ニッコウキスゲがきれいなところがあって、そこで写したのが下の写真です。


ニッコウキスゲが美しい

  下は、モミジカラマツソウの花です。葉の形が独特ですし、花もきれいです。

モミジカラマツソウが1

モモジカラマツソウが2

  下は、ヒオウギアワヤメです。実に大柄で優雅な花ですね。

ヒオウギアヤマがきれい

  イブキトラノオが群生していました。下の写真で、白く写っている花です。トラノオといっても、花穂の先端が尖がっていないのです。

イブキトラノオがいっぱい

  アップすると、下の写真のように美しいのです。

イブキトラノオのアップ

  途中に、今まで来た道と湿地の全景が見渡せる展望台がありました。そこから見た、「水ばしょう湿原」の全景が下の写真です。遠くに赤い屋根のヒュッテが見えますね。

湿地全景

  来たみちに、たくさんのハイカーが歩いているのが分かりますね。

来た道を振り返る

  途中で見た、オオシラビソ(アオモリトドマツ)の球果です。マツでいえば、松ぼっくりですね。真っ黒の球果なんて初めて見ました。

オオシラビソの球果

  今までオヤマリンドウはたくさん見ましたが、ようやく花が開き始めたところを見ました。下の写真です。もっと開くときれいでしょうね。

オヤマリンドウが開いた





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。