スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「栂池自然園」までの道沿いの植物たち、その2

  栂池自然園への道沿いの植物たちをご紹介してきましたが、その続きです。
  下は、オニシオガマの花です。高山にしか生息しません。下のほうから花が咲き始め、次第に上のほうに開花が移っていきますので、まだ咲き初めというところでしょうか。淡いピンクの色が素敵です。


オニシオガマ二輪

オニシオガマ一輪

  下は、タテヤマアザミです。ダイニチアザミのように、頭が垂れるということはありません。高山にしか生息しない種でしょう。

タテヤマアザミが

  オニシモツケが咲き始めました。「咲き始めた」というのは、まだ穂の段階のものが多かったからです。咲くと、下の写真のように真っ白になります。それが美しいのです。シモツケソウとよく似ていますが、その花のいろはピンクです。近縁種なのでしょう。湿原に群生しています。高山にしか見たことがありません。

オニシモツケ二輪

  八方尾根でもご紹介しましたが、ヤマハハコがここにもありました。しかも、群生しているのです。それはすばらしい景観です。これは必ずしみ高山とは限らないようです。作手でも見たことがあります。

ヤマハハコ多数

ヤマハハコのアップ

  下は、ゴマナです。山地の草原に生える多年生の草本です。高山に限られることはないようですが、ぼくはこれまで見たことがありません。

ゴマナが咲いていた

  オタカラコウが咲いていました。作手の竜頭山の林道で始めてであって、感動したことを思い出します。大きな葉の中から伸びだした茎の先に黄色い花を付けます。山奥でないと見れない植物ということです。

オタカラコウがきれい

  ヒラヒラとチョウが舞ってきました。止まったところを写しましたが、おそらくジャノメチョウだろうと思います。いまいち羽の表の模様が分かりませんので、だろうとぼやかしたのです。

ジャノメチョウがいた





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。