FC2ブログ

庭のニラの花、クロヒカゲモドキがきれい! 岡崎自然体験の森にiクサギが!

  庭のニラに花が咲きました。あまりじっくりとは見ない花ですが、アップして見ると実に美しいです。清楚ですね。

ニラの花が

  今、庭のアカメガシワの木に、いろいろの種類の昆虫が集まっています。ハチやアブ、チョウ、コガネムシの仲間、などなどです。どうしてかというと、この春にアカメガシワの木を一部分伐採しました。その切り口に樹液が出るのでしょう。それを吸いに昆虫が集まってくるのです。下の、クロヒカゲモドキもその昆虫のひとつです。ブルーシートはアカメガシワの木のすぐそばにあるのです。きれいな模様のチョウですね。

クロヒカゲモドキがいた

  早朝に写したため光の量が足りなくて、ピンボケに写ってしまいましたが、ヒメジャノメが三匹群れをなして樹液を吸っていました。

ヒメジャノメがいた


  さて、岡崎の自然体験の森の続きです。この森では下流のほうは、水田跡を池に変えた湿地があります。そこに、スイレンの花が今にも咲きそうでした。咲いたらきれいでしょうね。


スイレンが咲きそう

  ジュズダマなんて、珍しいですね(下の写真)。ほとんど見かけることはありません。玉が硬いので、穴を開けて数珠にしたのだそうです。。

ジュズダマが

  下はオオマツヨイグサの花ですが、いまはどこにも咲いていますね。ぼくはこの花が好きです。アップして見て分かるのですが、黄色い花弁が半透明なのです。透けて見えるような、・・・・。それが美しいのです。以前、ロウバイをご紹介したことがありましたが、ロウバイもロウのような半透明なのですね。これにはそれほどの透明感はありませんが、透明な感じが美しさの根源だと思うのです・・・・。

オオマツヨイグサがきれい

  園内には、クサギがあちこちに咲いていました。大きな葉で、白とピンクの複雑に交じり合ったような独特の花ですので、すぐに分かります。葉や枝をちぎると、臭い匂いがするのでこの名がついたと言われます。今、雑木林ならあちこちで咲いていますね。意外と個体数が多いのだと思いました。

クサギの花が

    下は、コマツナギという落葉低木の花です。丸い葉で、ピンクの花がきれいです。初めてこの園地で見た花です。その後、各地で見ましたが、それほどたくさん存在するわけではありません。だいぶ前に作手で見ていますので、花期が長いのでしょうね。

コマツナギの花が

  下は、ハグロトンボだろうと思います。暗いところを好むトンボのようで、光が足らず、ピントが甘くなってしまいました。

ハグロトンボがいた

  エゴノキにたくさんの実がついている光景をいたるところで見るのですが、下のようにそれに雨の水滴が溜まってきらきらと光る風情はなかなか美しいものですね。


エゴノキの玉に露





スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード