スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唐花見湿原にサワギキョウ、ミカヅキグサが満開! 水面にヒツジグサが!

  唐花見湿原の植物たちをご紹介していました。低層湿原は水面が多いことをお話しましたが、見える水面にヒツジグサがたくさんありました。葉が大きくその形がまるで、一部がかけているのです。その形が面白いですね。スイレン科の植物です。

ヒツジグサがいっぱい

  あるヒツジグサに、花のつぼみがついていました。咲いたらきれいでしょうね。きっとスイレンのような花が咲くのでしょう。、

ヒツジグサに花

  サワギキョウが咲いていました。サワギキョウは、湿地ならばどこにでも咲いていますね。下の写真は、群生しているところです。美しい花です。

サワギキョウの群落

   紫の色が実に鮮やかです。

サワギキョウに花が

  下は、先回ご紹介したクサレダマの花です。まだ咲いたばかりだったので、先回はつぼみをご紹介してしまいました。下が、開いた花です。黄色の花が美しいです。。

開いたクサレダマの花

  下はなんだか分かるでしょうか。ツーンと伸びた茎の先に白い小さな花がついています。ミカヅキグサです。これも湿地にしか生えない珍しい種です。

ミミカキグサがいっぱい1

ミミカキグサがいっぱい2

  驚いたことに、この湿原にもレンゲツツジが存在していました。花は咲いていませんが、葉の形から分かります。

ここにもレンゲツツジが

  これも驚いたのですが、この湿原にもヤマドリゼンマイがいたるところに群生していました。やはり作手の湿地によく見かける種だからです。

ヤマドリゼンマイ群生

  先回は、この湿原にたくさんの種類のコケ類が繁茂していると話しましたが、下の写真のコケ類も、オオミズゴケとは違う種類です。こういうことが低層湿原の特徴なのでしょうか。

別のコケ類





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。