FC2ブログ

愛知県総合射撃場周辺に行ってみました! クレオメ、コオニユリがきれい!

  裸足の効用の話をしてそれを実践したことを報告しましたね。今日も早朝、県道の舗装道路を40分ほど裸足で歩いてきました。車で行き来するドライバーが、不思議な顔をしていましたよ! それもそうですね。裸足で公道を歩く人なんか、日本ではほとんどいませんからね。
  砕石の道路は足が痛すぎてつらいので、舗装道路を歩いたのですが、舗装道路でもかなり足裏が痛くなるところと、痛くならないところがあります。アスファルトに含ませる砕石の量が多いところと少ないところの違いなのでしょう。それと、初めて気がついたのですが、舗装道路の路面は必ず少し傾けて作ってあるのですね。平らなところでも道路の中心が高く作ってあります。雨水が流れ去るように。そのため、平坦なところでも小さな石ころは大雨のときに流れ去ってしまい、砕石がほとんどないので足裏があまり痛くないのです。歩道はアスファルト舗装をしていても、周囲からの小石が多く、また植物の小枝が散らばっていて歩きにくいのです。ですから、今回は歩道ではなく車が通る道路を歩いてきました。
  以下は、友人のSさんの受け売りです。そもそも、靴やサンダルを履くようになったのはごく最近のことですよね。江戸時代ではわらじを履きましたが、おそらく弥生時代や縄文時代の人間は裸足だったでしょうし、さらにその前は当然裸足が当たり前の生活だったと思います。人類は狩猟採取の生活が
300万年も長く続きましたから、裸足で1日に何10kmも歩いていたと思います。そのため、人間の体は、歩くことに合わせて体が作られてきたのですね。すべての神経が集中する足裏への刺激が、すべての神経を刺激し、脳を刺激するのですね。靴やサンダルで足を保護するようになったため、現代人は足裏を刺激することがなくなったのです。それが現代人の虚弱さを作り出した原因だと思います。だから、それを意識的に復活させることによって、健康を取り戻し体質を改善することが重要になるのですね。Sさんの考えは、説得力があり、納得できます。
  歩きながら、道端の植物を観察し、リョウブの花がきれいだ、ノリウツギの花もきれいだ、ネムノキの花はほとんど終わってしまった!などと、周囲を眺めながら心につぶやいていました。それもまた、楽しい時間でした。帰ってきて、足裏がだいぶ痛くなっていました。でも、とても気持ちがいいのです。少々裸足で歩いても足裏が痛くならないように、ただひたすら裸足で歩くことを続けたいと思っています。

  さて、ブログのネタがなくなってきましたので、阿蔵から入ったところにある田之志里湿原に行ってみようと思い立ちました。菅沼から山を越えて旧下山村の方に行くと、宇連野に出ます。そこには愛知県の総合射撃場があって、いつも通り過ぎるだけでしたが、そこに入ってみようと思い立ったのです。山道を10分ほど行くとそこに着きます。昔、愛知国体のときに作られた射撃競技の会場として作られたものです。ぼくは射撃などはまったく興味がなかったので、行く気も起こらなかったのです。変わった自然があるかもしれないと、ちょっと寄り道をしてみようと思ったのですね。
  少々びっくりしたのは、射撃場に行く手前に、クレオメという花が栽培されている畑があったのです。クレオメは、最近あちこちに植えられている、とてもきれいな花です。流行なのでしょうか。栽培されているほど普及し始めたのでしょう。


栽培されているアピオス1

  下は、花をアップしたものですが、華やかで美しい独特の姿をしていますね。ネットで調べたところ、南米原産の栽培種だそうです。

栽培されたいるアピオス2

  同じ畑の隣に、下の写真のような花が植えられており、花が咲いていました。朱色の花がとてもきれいです。種類は分かりません。と書いたところ、Mさんから次のようなコメントをいただきました。「オレンジ色のつる性の植物は、「花豆」です。大きな豆で、きっと森楽さんも食されたことがおありとおもいます。私は2週間ほど前に種を蒔いたところです。やっと双葉が出たところです。」とのことです。まったく知りませんでした。ご教示を感謝します。

栽培されている花1

栽培されている花2

  次にご紹介するのは、コオニユリです。互生の細長い葉がつき、茎の頂点に花がつきます。ユリの花独特の色鮮やかなめしべとおしべが突き出し、花弁は濃いオレンジ色で黒い斑点があり、反り返るのが特徴です。なんという美しい姿でしょうか。

コオニユリの姿

コオニユリが咲いた

  守義地区で紹介したイヌコウジュも、たくさん咲いていました。群生するときれいです。

ここでもイヌコウジュが1

ここでもイヌコウジュが2

  下は、射撃場の正面の写真です。10数台の車が駐車場に止まっていて、中からは銃の射撃音が響いていました。山奥でないと、こういう施設は作れないでしょうね。音がうるさいですからね。

愛知県総合射撃場

  その前の道路わきに、ヤマハギが群生しており、花を付け始めていました。ピンクの花がきれいです。これから秋にかけてたくさん咲きますね。ハギにもいろいろと種類がありますが、他ではアレチヌスビトハギがどこにでも見られます。ヤマハギは葉が丸いですが、アレチヌスビトハギは葉が三角にとがっているので見分けがつきます。

ヤマハギ開花1

ヤマハギ開花2

  このつづきは、次回にしましょう。



スポンサーサイト



コメント

No title

オレンジ色のつる性の植物は、「花豆」です。大きな豆で、きっと森楽さんも食されたことがおありとおもいます。私は2週間ほど前に種を蒔いたところです。やっと双葉が出たところです。

No title

コメント、ありがとうございました。早速追加の文章を入れました。美代子さんは、よく知っていますね。
非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード